ホーム | 日系社会ニュース | デイケアー初日=広島県人会=予想外の人数参加

デイケアー初日=広島県人会=予想外の人数参加

1月29日(木)

 広島文化センター(サンパウロ市アクリマソン区タマンダレー街八〇〇番)で、二十七日からデイケアー(通所介護)サービスが始まった。初日は雨模様だったにもかかわらず、約三十人の高齢者が訪れ軽体操やゲームを楽しんだ。
 独居老人など部屋に閉じこもりがちなお年寄りに、憩いの場をつくろうというのが狙い。ブラジル広島県人会(大西博巳会長)が七十五歳以上を対象に月一回、実施。会員だけでなく一般希望者も受け入れる。
 この日は血圧測定、自己紹介、ゲーム、体操などのプログラムが組まれた。ボランティアが既に二十人ほど登録、同文化センターに入居中の学生二人も顔を見せた。
 マッサージ師が自身の仕事内容について概要を説明、別室で診察した。しかし、マッサージは月に一度では効果が薄い上、治療中にデイケアーの活動に参加出来ない。
 そのため、県人会は希望者だけを募って別の日に行えないか検討する。大西会長は「いろんな意見を聞きながら、悪い点はどんどん、改善していきたい」と意欲的だ。
 昼食には、一月だということで雑煮、黒豆などが食卓に上った。今後も季節感のある献立を立てていきたいという。
 コーディネーターの高木慎子さんは「たくさんの人が出入りして県人会にも活気が出るのではないでしょうか」と語り、上々のスタートを喜んだ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]