ホーム | 日系社会ニュース | 評議員が会費未納で重要発言=沖縄県人会=指摘を受け脱会届け

評議員が会費未納で重要発言=沖縄県人会=指摘を受け脱会届け

3月 4日(木)

  【既報関連】二月二十九日に開催されたブラジル沖縄県人会(宮城調智会長)の第六十七回定期総会で、赤嶺尚由理事は質疑に立ち、「あえて名前は言いませんが」と前置きした上で、「コロニアでも有名な方、文協の副会長も務められた(県人会の)評議員が、会員の最低限の義務である会費を未納で、会員としての資格もないままに、いろいろな重要な局面で影響力のある発言をしてきていることを、どうするのか?」と問題提起した。
 宮城会長は「会費を納めていなかったのは、その人の認識不足であったと思う。ただ、評議員になってもらう前に、調査しなかった我々執行部にも責任はある。これは執行部、理事会で解決できる問題だと思う。きちんと調査してから対応したい」とその場で返答した。
 三日に電話で確認したところ、その評議員、西銘光男さんは、「会費があることは知っていましたが、ついつい、うっかりしていました」と会費未納を認めた。当時の会長に薦められ、西銘さんは一九九六年に本部に直接入会した。評議員には〇〇年から四年間就任している。「何を言われても反論の余地はありません。あやまるしかありません」と語った。
 「これ以上、みんなに迷惑はかけられません。会費はきっちり清算する積りです。すべての処置は理事会におまかせします。今日、郵送で脱会届を出しました」
 大半の会員は支部に所属しており、支部が一括して会費(年間三十レアル)を回収し、本部に納めている。「直接に本部の会員になっているのは少数で、昔からの会員が大半。みなさん知っているから、自発的に振り込んできているので、こちらから会員個人に会費請求の通知は出していません」(本部事務局)という事情もあり、「うっかり」が誘発されたよう。西銘さんは総会前に、事務局に会費支払いを申し込んだが、「まだ処置が決まっていないので」と受け取りを断られた。
 宮城会長は三日、ニッケイ新聞の取材に対し、「赤嶺さんは自身が理事であるのに、物事の順序が違うのではないか。こういう話は、まず理事会で話し合うべきもの。事前に何の連絡もなく、突然、総会でやることじゃない。なんでもかんでも総会にいきなり持ち出したら、会の運営が破綻する。とにかくちゃんと調査し、理事会で話し合って対処したい」とコメントした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]