ホーム | 日系社会ニュース | NHKドラマ「ハルとナツ」=エキストラ約200人募集=24、25日に申し込み会

NHKドラマ「ハルとナツ」=エキストラ約200人募集=24、25日に申し込み会

4月20日(火)

 いよいよエキストラ募集が始まる。NHK八十周年記念ドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙」の撮影が五月下旬から開始されるのに先立ち、カンピーナスで二十四日、サンパウロ市で二十五日に日系エキストラ参加申し込み会が、ブラジル日本文化協会のNHK支援委員会によって行われる。十九日に文協で記者会見が行なわれ、事務局が文協内に設置され、事務局長に神戸保さん(たもつ、四〇)が就任したことも発表された。
 二十四日(土)の申し込み会は、撮影本拠地となるサンパウロ州カンピーナス市の同日伯文化協会(Rua Camargo Paes, 188 – Jd.Guanabara, Campinas=目印はロドビアーリアとモジアーナのカンポ)で、午前十時から午後五時まで。
 二十五日(日)の申し込み会は、ブラジル日本文化協会小講堂(Rua Sao Joaquim, 381 Liberdade)で、同じ時間。当日は申し込み用紙に記入して、容姿を写真撮影する。代理申請は不可なので、必ず本人が申し込みに来ること。なお申し込みは無料。
 老若男女、一世、二~五世、赤ん坊、混血のいずれも応募可能。非日系に関しては撮影協力会社カーザ・ブランカの担当となるので、今回は日系人のみ。日語・ポ語どちらでも可。イデンチダーデ持参のこと。
 支援委員会が登録を受付け、NHKが選考する。エキストラに選ばれた人には、二週間ほどで支援委員会から直接、本人に連絡が入ることになっている。エキストラには謝礼金として八十~百レアル程度の日当が払われるとのこと。
 募集人数の実数は約二百人だが、延べ数にすれば八百人にもなる。
 支援委員会事務局は文協三階の文協青年部の部屋内に設置され、神戸さんが事務局長になった。今件に関する問い合わせは、携帯電話=011・8266・8492。神戸さんは愛知県出身で、一九八六年に第六期日本ブラジル交流協会生として来伯。その後、FAAP広告学科卒業後、マッキャエリクソン広告代理店や南米銀行などに勤務し、現在は通訳・翻訳業。
 「お祭りですから、みんなで撮影に参加して楽しみましょう」と神戸さんは申し込みを呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ