ホーム | 日系社会ニュース | 日語講座譲渡を発表=文協、日文連の両トップ

日語講座譲渡を発表=文協、日文連の両トップ

4月27日(火)

 【既報関連】ブラジル日本文化協会(上原幸啓会長)が今年七月一日付けで、日本語講座を日伯文化連盟(槙尾照夫会長)に無償譲渡する。両団体は二十三日、合同記者会見を開き、これまでの経緯などを報告した。
 日文連は六階スペースを賃借する形で運営。文協の「江副式」と独自の教授法の二本立てで、授業を進める。現在使用中の二階部分は、所有者である文協に返す。生徒数は六百七十八人で文協の四百五十五人が加わるため、約七割増の千百三十三人に膨らむ。
 西川悦治日文連第二副会長は「ブラジル社会に日本語学習の需要があり、それをどんどん、掘り起こしていきたい」と述べた。
 日文連は九七年より、赤字経営に苦しんでいたが、負債は既に、すべて清算。新規事業に乗り出していきたいという。サンパウロ大学日本文化研究所の維持運営主体が今年十一月から同連盟から同大学に移るため、余裕も生まれる。
 文協は、改革準備委員会の最終報告書で日本語講座がほかの学校、団体と競合していると認識。昨年七月から、日文連に譲り渡す方向で話を進めてきた。同講座は文協にとって収入源のひとつだが、切り離すことについて、上原会長は「外国語学校の運営は経費がかさむもの」として、明確な返答は避けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 教科書 時代を映して変遷(9)=保護者の矛盾した意識=日本語教育は必要=教師月謝は上げぬ2004年4月27日 教科書 時代を映して変遷(9)=保護者の矛盾した意識=日本語教育は必要=教師月謝は上げぬ 4月27日(火) […]
  • 新機関誌で日本文化普及する日文連2016年11月23日 新機関誌で日本文化普及する日文連  アリアンサの新しい機関誌「JAPAN GO」(ポ語)。誌名は「日本語」と「日本へ行く(英語GO)」と掛け、ブラジル人スタイリストによる日本の服飾界の紹介や日本人のラーメンの食べ方、日系企業社員が語る外国語習得者の就職活動の可能性など、各分野の日本関連情報を提示する。  若者 […]
  • 日本語学習を次世代へ2016年5月20日 日本語学習を次世代へ  先日、ブラジル日本会議の懇親会を取材に行ったところ、「一世高齢化や人口減少によって、次世代にどう日本の心を繋げていくか」といった危機感がひしひしと伝わってきた。とりわけ、日本語世界は消滅しつつあると危惧している。 日本の心を学ぶには、日本語を習得することが本来であれば一番だ。 […]
  • 日本語センター=二世、立花氏が新理事長に=ブラジル学校経営者で初=板垣勝秀氏は2期で退任2016年3月29日 日本語センター=二世、立花氏が新理事長に=ブラジル学校経営者で初=板垣勝秀氏は2期で退任  ブラジル日本語センターの「第28回通常総会」が19日午後、同センターで開かれた。単一シャッパが承認され、2012年から2期4年間理事長を務めた板垣勝秀氏(68、北海道)が退任、新理事長に立花アルマンド氏(61、二世)の就任が決まり、新体制が発足した。二世理事長としては96年に […]
  • 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君2016年1月30日 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君  子供に早期外国語教育を施したい両親にとり、サンパウロ市は様々な選択肢のある街だ。日本語、スウェーデン語、オランダ語までも学ぶ事ができる。 サンパウロ市中央にあり、幼稚園から高校までの一貫教育を行っているサンベント校は、児童、生徒の2割が中華系であるため、外国人の生徒のためのポ […]