ホーム | 日系社会ニュース | 戦闘機乗りの〃卵〃に 空軍の予備学校唯一の日系人 大場君、夢捨てず超難関突破して入校

戦闘機乗りの〃卵〃に 空軍の予備学校唯一の日系人 大場君、夢捨てず超難関突破して入校

6月22日(火)

  ミナス・ジェライス州バルバセーナ市(サンパウロから六百五キロ)に、ブラジル空軍の予備学校「エピカール」(EPCAR)がある。大場竹男さん(16、二世)が戦闘機のパイロットを目指して、奮闘中だ。全校生徒約四百五十人中、ただ一人の日系人(混血児生徒二人を除く)。競争率二百倍の狭き門をくぐりぬけて今年二月、入学を手にした。
 「頭が低くて、根が強い」。省三さん(55、北海道出身)、隆子さん(47、秋田県出身)夫妻は、そんな子供に育ってほしいと願って、竹男と命名した。
 実家はサンパウロ市ジャバクアラ区。航空機が毎日、上空を飛び、幼い頃から、パイロットにあこがれていたという。
 「かけっこで、よーいどんと言っても、スタートを切らないんです。でも、走り出したら、皆を抜いて、いつもトップでゴールしていました」
 十四歳の時に、「エピカール」向けの予備校に入った。定員百五十人に対して、三万人が応募する超難関校だけに、初めての受験は失敗。竹男さんは一旦、高校に進学した。だが、夢をあきらめ切れず、仮面浪人を続け、今年、悲願を達成させた。
 隆子さんは「うちは、そんなに裕福というわけではないから、今年が最後だよと言ってありました」と涙ぐむ。
 試験では学力のほかに、身体検査、心理学テストも実施される。特に、視力には厳しく、体調管理には気を使ったそう。筆記試験の成績は九十七番だったが、最終的には三十七番につけた。
 約二週間の適性検査も、無難にこなし入学を認められた。あまりにも訓練が厳しいので、ここで三人が途中辞退。学校を去った。
 同校では、給与を得ながら、高校過程のほかに初歩的な軍事訓練や国際的なエチケットなどを学ぶ。卒業すれば、空軍航空学校(ピラスヌンガ市)への道が開かれ、戦闘機に乗り込める。
 「身分証明書も書き換えて、国の子供になりました」と省三さん。空軍航空学校を出た後、五年間は国のために従事しなければならないので、子供の身が心配だ。戦地に赴く可能性もあり、この話題になると、隆子さんは一瞬、目をそむけた。
 「竹男の夢だから、私たちは応援するつもり」。二人は、子供の成長を温かく見守っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認2021年3月5日 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認  新型コロナ感染症による入院患者が新記録を更新し、集中治療室(UTI)占有率が高まる中、サンパウロ市の公立校教師達が対面授業の中止を求めている。  サンパウロ市公務員組合(Sindsep)によると、2月15日の対面授業再開以来、116校で生徒や教職員計335人が感染し […]
  • 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も2021年3月5日 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も  新型コロナは感染拡大が進み、3日は1日の死者が1910人(保健省統計)にまで増加した。新規感染者は保健省統計で7万1704人という多さで、米国を上回る世界1位だったと3~4日付現地紙、サイトが報じた。  保健省による3日現在の死者累計は25万9271人で、7日間の平 […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • のうそん誌半世紀の歴史に幕=終刊時でも読者800人2021年3月5日 のうそん誌半世紀の歴史に幕=終刊時でも読者800人  農村に住む人ために発刊された「のうそん」(日伯農村文化振興会発行、責任者=永田久)が、289号(2018年7月)を最後に終刊となり約50年の歴史に幕を下ろしていた。電話取材に応じた永田美知子さん(88、栃木県)は「最後のほうは読者は800人くらい」と振り返った。 […]