ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル話に花咲く=河内長野で田所フェスタ

ブラジル話に花咲く=河内長野で田所フェスタ

7月1日(木)

  [神戸]ブラジル好きが今年も大阪府下の河内長野市に集まって、さきごろ「田所フェスタ」を開催した。同市内にあるブラジル民族文化研究センターを主宰する田所清克京都外国語大学教授が主催。三十三回目だ。今回は、サンバ、カポエイラの演奏、演技があって、約百人が集まり、ブラジル話に花が咲いた。
 参加したのは、二府三県の老若男女。東京からアンジェロ・イシ武蔵大学講師をはじめ、京都、大阪、三重の大学の教師、京都、大阪、名古屋の大学生、同センターを支える地域の人や警察署長、ブラジルへ移住したことがある八十九歳の女性ら。
 神戸の日伯協会から多田常任理事、池田事務局長、黒田参与。サンバ演奏は神戸ブラジル協会のメンバーだった。
 このフェスタは、毎年五月に行われ、ブラジルをサカナに飲食しながらコミニュケーションをはかる催し。同センターがある田所教授の自宅の庭、五月の青葉の下でカミシモを脱ぎ捨てて、心行くまで初夏の一日を楽しむ。

image_print

こちらの記事もどうぞ