ホーム | 日系社会ニュース | 冬」の風物詩=サンパウロ市・仙台七夕祭り=東洋人街 竹80本を装飾=10、11日

冬」の風物詩=サンパウロ市・仙台七夕祭り=東洋人街 竹80本を装飾=10、11日

7月6日(火)

  サンパウロ市の冬の風物詩で、恒例のサンパウロ宮城仙台七夕祭りが十日と十一日午前九時から午後六時まで、リベルダーデ区である。宮城県人会(中沢宏一会長)七夕祭り実行委員会(大橋尚委員長)が主催。今年で二十六回目。
 リデルダーデ商工会(池崎博文会長)は十日午後二時三十分から、マルタ・スプリシー市長や、石田仁宏総領事、日系団体代表を迎えて、ガルボン・ブエノ街に新設された鳥居の落成式を挙行する。鳥居の建設はオイスカ・ブラジル総局(高木ラウル会長)と、日本万国博覧会記念機構が費用を負担している。
 例年通り、七夕の飾りはガルボン・ブエノ街、リベルダーデ広場、エストゥダンテ街に設置される。八十本の竹に色とりどりの薬玉や吹き流しを飾り付け、仙台七夕祭りの雰囲気を再現している。
 案内に来社した県人会の中沢会長は「短冊に願いを書いて、枝に結ぶ習慣は、ブラジル人にも定着しており、見ていて清々しい。皆さん、是非、艶やかな七夕祭りを見に来て下さい」。
 商工会の池崎会長は「三十数年ぶりに、新しい鳥居に建て替えられて、時の流れの速さを感じるが、リベルダーデのシンボルが立派な姿を見せているのは、やはり嬉しい。新しい鳥居をくぐって、七夕祭りを見に来て下さい」と来場を誘った。
 七夕祭りの期間中、同時開催される七夕俳句・短歌、ハイカイ・コンクールのため、リベルダーデ広場に投句(歌)箱を設置する。入賞者は十七日付の邦字紙面で発表、八月末に受賞式が行われる。
 当日都合が悪く会場まで来られない方や地方に住んでいる方は、送付可。宛て先はAssociacao Miyagi Kenjinkai do Brasil Rua Fagundes228 Liberdade Sao Paulo-SP Cep01508-030
 詳細問い合わせは県人会(011・3209・3265)。
 九日必着。投稿数は一人十句(首)まで。未発表作品で題は「七夕」「七夕祭り」に関すること。今回は十五歳までを対象に子供ハイカイを新設、ポ語での俳句を募集している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • 半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」2018年12月12日 半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」  サンパウロ市の夏の風物詩として知られる「第50回東洋祭り」が今月1、2日に、リベルダーデ日本広場を中心に開催された。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催。  1日午後2時、ガルボン・ブエノ街の大鳥居の下で、南米神宮の逢坂和男宮司により祭祀が執り行わ […]
  • 日本祭り=ジャパン・ハウスで記者会見=伯メディアなど約80人が参加2018年6月27日 日本祭り=ジャパン・ハウスで記者会見=伯メディアなど約80人が参加  日本祭り実行委員会(市川利雄実行委員長)は20日、ジャパン・ハウスで記者会見を行なった。会見には伯メディアなど80人が参加し、1ヵ月後に迫った日本祭りへの関心を伺わせた。  会見には市川実行委員長、山田康夫県連会長、化粧品販売会社IKEZAKIの池崎博文会長、サンパ […]
  • 大耳小耳2016年4月28日 大耳小耳  県連の2015年事業報告書が完成した。1頁目には「県別移民者数」が掲載され、地震を被災して大変なことになっている熊本県を見てみると堂々の第1位、2万3575人が移住している。2位の沖縄県は2万0449人、3位の福岡県は1万9509人となっており、ダントツの多さを誇る。熊本県出 […]
  • 一斉に読経する僧侶ら2015年6月19日 先亡者に思い馳せ107周年=教会や慰霊碑前で式典=「50年前から毎年ミサに」  笠戸丸の着伯から107年が経過した18日、例年通り「日本移民の日」を記念した各種慰霊式典が開催された。サンパウロ市では午前中、ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で「先駆者慰霊ミサ」、イビラプエラ公園内先没者慰霊碑前で「追悼法要」が執り行われた。午後からは文協の大講堂 […]