ホーム | 日系社会ニュース | こどものその=園生との交流の場も=バザー 郷土食、民族舞踊など

こどものその=園生との交流の場も=バザー 郷土食、民族舞踊など

7月6日(火)

  恒例のこどものそのバザー(鈴木康夫実行委員長)が十一日午前九時から、サンパウロ市イタケーラ区のこどものその(井口信理事長)本部である。
 二十一回を数える今バザーのテーマは「コロニアのお祭り広場」。六十を越える団体・個人、総勢約千五百人のボランティアが運営を手伝う。
 長崎県人会のチャンポン、新潟県人会のお餅など各県人会の特徴を生かした食べ物が提供されるほか、五十五の業者が出店する。
 常設舞台では、国際民族舞踊の公演。ボリビア、ナイジェリア、ポルトガル、ロシアなど各国移民が参加を表明している。
 また、「園生が陶器製造作業をやっていることは知られているが、それを実際に見て頂きたい」と、案内に来社した同園評議員会の西田康二会長は、園生と来場者の触れ合いの場を作りたいと語る。
 バザーで得た収益は全額、施設の運営費として使われる予定。三カ月分の運営費が見込まれている。「今年も、皆様の御協力を得てバザーを開催できることになりました。できるだけ多くの方に楽しんでもらいたい」と鈴木実行委員長は来場を呼びかけた。
 午前八時から午後四時の間、地下鉄イタケーラ駅から無料送迎バスが三十分に一本以上の割合で運行されるという。隣接する墓地建設予定地を駐車場として利用することができ、三千台の車が駐車可能。
 詳細問い合わせ11・6521・6437(こどものその)まで。会場住所はRua Prof Hasegawa,1198(カルモ墓地近く)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回2018年10月18日 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回  しかし僕は勉強にあまり身が入らず、学校を止めようかと思いながら2年生になっていました。2学期になって宮古島から仲村という社会科の先生が転任してこられた。  社会科の試験の成績が良かったということもあってか、先生から「今日先生は宿直だから、色々と話をしたいからお出で」 […]
  • ■訃報■田中慎二2018年9月11日 ■訃報■田中慎二  イラストレーター、画家、コロニア史研究家の田中慎二さんが7日午後4時、サンパウロ州立ガン医療センター(ICEUP)で多臓器不全のために亡くなった。享年83。今年初めにすい臓ガンが見つかり手術をしていたが、感染症を併発して急死した。初七日は16日(日)午前10時15分からパロキ […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」2018年8月10日 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)の約30人は、沖縄移民110周年を記念して来伯した名護市慶祝団11人を迎えて歓迎会と高齢者表彰式を5日晩、サンパウロ市内のホテルで開催した。  渡具知武豊市長は「110周年の式典や記念行事を通して、日本語を話さない世代になっても血 […]