ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 なるほどな――思わず、頷いた。パラナ州日本移民史料館にある「農家成功双六」を目にしたときのことだ。
 全二十五コマに「開拓」「植付」など勤労の貴さを語る言葉だけでなく、各コマに「豊年に巾着の紐をしめ」などと戒めの一文も添えられる。ジャポネス・ガランチードとして高い評価を受けるに至った背景には、日常からの道徳教育があったのだと痛感した。
 物質的には恵まれない開拓初期ながら、こうした双六などで遊んだ子供たちの心は豊かで暖かかったに違いない。
 一方、日本の状況はどうか。小学生が校内で同級生を殺害するなど救いようのない事件が耳目を集める。テレビゲームやパソコンなど科学的には優れるが、精神性に乏しい娯楽に慣れた世代が増えている。全てに満ち足りた現代日本だが、本当の幸せを知らないのではないだろうか。 (記)

04/07/09

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 清談会3月例会は7日に=NHKや日本語劣化など議論2020年2月28日 清談会3月例会は7日に=NHKや日本語劣化など議論  清談会(担当=榎原良一)の3月例会が、3月7日(土)午前9時から正午までサンパウロ市の熟年クラブ連合会会館(R. Dr. Siqueira Campos, 134, […]
  • ジャポネース・ガランチード=マリンガ 園尾彬2015年5月9日 ジャポネース・ガランチード=マリンガ 園尾彬  西銘光男氏と駒形秀雄氏の意見を拝読させていただき、私も少し意見を述べたいと筆を執りました。 1958年12月に19歳でブラジルに来た当時、このパラナ州マリンガ市の街を歩いていると、小さな子供達から「ジャポネース・ガランチード・ネ」と呼びかけられクスクス笑われたことが何回か […]
  • 「ジャポネース ガランチード」=サンパウロ 駒形秀雄2015年4月18日 「ジャポネース ガランチード」=サンパウロ 駒形秀雄  4月11日付け西銘光男さんの文章「ジャポネース ガランチード」を拝見致しました。大変立派な内容のお話しに感心し、「そうです、全くその通りです」とこの文を記します。 第一に、この言葉「ジャポネース ガランチード」が日本人を差別する言葉だということが、西銘さんの体験に基づいて […]
  • 「ジャポネース ガランチード」ってなに?=サンパウロ 西銘光男2015年4月11日 「ジャポネース ガランチード」ってなに?=サンパウロ 西銘光男  一世紀を超える日系社会の歴史の中には、いわゆる「コロニア語」と言うのがたくさん生まれた。これも日常生活の中から生まれた一つの文化である。 だが中には何とも頂けない代物がある。「ジャポネース ガランチード」と言う奴。俗悪極まる差別語がいつの間に称賛の形容詞になった?いい加減 […]
  • 「夢を諦めないで」と後輩を応援するマルシアさん(コクエラふるさと祭りで)2014年11月14日 マルシアが日系社会にエール=ブラジルテーマの歌劇、来年上演=「日本人の魂を次世代に」  「いま歌っているの、私の親友の子どもなんです」―そう言いながらステージのコロニア歌手に温かい視線を送るのは、モジ・ダス・クルゼス市出身で日本の芸能界で26年間も活躍するマルシアさんだ。仕事の関係で来伯したついでに、母芳子さん(二世)や友人らが8日のコクエラふるさと祭りで歌 […]