ホーム | 日系社会ニュース | 鹿児島県人会=母の手料理、郷土民謡に涙

鹿児島県人会=母の手料理、郷土民謡に涙

7月17日(土)

  歓迎会は県人会館で、同県乗船者は十五人。約五十人が拍手と満面の笑みで出迎えた。婦人部の用意した心の籠もった郷土手料理が用意され、県の代表的な民謡「おはら節」をみんなで大合唱するなど、その熱烈な歓迎ぶりに「こんなに歓迎して頂けるなんて思いもよらなかった」と涙を流す自衛官もいた。
 「自分の親と同じ出身地の人には、両親に似た雰囲気を感じて、とても嬉しい」と定光子さんは(71・二世)語る。
 自衛官の中野望さんは「同じ小学校を出た人がいて、今校舎はどうなったとか町の様子の変化を話しました」と嬉しそうだった。
 中野さんと同じ小学校を卒業したのは清水厚子さん(68・一世)。「とても変わってびっくり」。でも、校庭に生い茂る大きなイチョウの木は現在でも残っており、話が盛り上がった。イチョウの木が二人の「時間」を埋めた。
 プレゼント交換も行われ、自衛官側は鹿児島の特産品に加え、海上自衛隊のピンバッジを出席者全員に贈った。
 藤崎勝通信幕僚は、「どこにいても鹿児島県人の魂は一緒だと感じました。そして、こちらの方がもつ日本や鹿児島への愛国心に触れ、日本に住む我々はもっと日本のことを好きにならなければならないと思いました」と、ブラジルに住む「先輩」と接し、深い感銘を受けた様子。
 歓迎会の時間は瞬く間に過ぎた。県人会の皆さんが総出で自衛官員を見送り、「また来てねー」「また、来ます」との声が飛び交うい、名残惜しむ中でバスが出発した。
 「県人会に来てよかったと思って頂ければ嬉しい」と田畑会長が最初に挨拶を行ったが、その思いは深く通じたようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]