ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 深い紺色の制服、制帽姿が凛々しい。十五日、東洋人街のそこかしこを日本の海上自衛隊員が颯爽と歩いていた。
 すれ違い様、感激の面持ちで声をかける移民をみる。練習艦のサントス入港は六年ぶりだ。次の機会はいつや知れない。
 その日、文協講堂であった日系団体共催の歓迎会。石田総領事はコロニアには「いつも盛大に迎えていただき」と謝辞を読み上げ、東郷司令官も同様の言葉だった。
 多勢の列席者を見込んでの予定稿だったのだろう。実際は一般席の半分は空席。文協ビルには垂れ幕さえなかった。
 海外最大の日系社会がある。そう心に期して来た隊員も少なくない。先日の参院選における在外投票率の低迷に続いて、また、「看板」倒れかと嘆息をもらす。 (大)

04/07/17

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コーヴァス・サンパウロ市市長死去=祖父同様、任期中に癌で=PSDB内で大激震走る=後任市長はヌーネス氏に2021年5月18日 《ブラジル》コーヴァス・サンパウロ市市長死去=祖父同様、任期中に癌で=PSDB内で大激震走る=後任市長はヌーネス氏に  16日朝、サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院していたブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長(民主社会党・PSDB)が、癌のため41歳の若さで亡くなった。任期を3年半残しての逝去で、後任には副市長だったリカルド・ヌーネス氏(民主運動・MDB)が就任する。党設立者のマ […]
  • ■訃報■「カオリン王」堀井文夫=大功労者、コロナ禍に斃れる2021年5月18日 ■訃報■「カオリン王」堀井文夫=大功労者、コロナ禍に斃れる  「カオリン王」堀井文夫さんが16日午後5時30分、サンパウロ市のシリオ・リバネス病院で亡くなった。行年87歳。堀井さんは新型コロナウイルスに感染し、4月1日に入院治療を受け、一週間後には病状が快復に向かい退院すると期待されたが、高齢のために衰弱が進み亡くなったと見られ […]
  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]