ホーム | 日系社会ニュース | コロニアの〃生き字引〃死去=秋山桃水さん憩の園でひっそり

コロニアの〃生き字引〃死去=秋山桃水さん憩の園でひっそり

7月23日(金)

  秋山桃水さん(ブラジル東京銀行元庶務課長)が去る五月二十六日、憩の園でひっそり亡くなっていた。コロニアの生き字引のような人、進出日本企業とコロニアの付き合いの仲介役をしてくれた人をまた一人失った。九十二歳だった。
 救済会によると、秋山さんは、脳梗塞の後遺症が残る身体で、九九年三月、憩の園に入った。心臓も丈夫ではなかった。死去当日、午前中、園内を車椅子で散歩、アルモッソ後、午睡をしていたが、そのまま目を覚まさなかった。
 一一年大阪府生まれ、東京国士館高等拓殖学校卒業、三一年、第一回高拓実習生として初渡伯、パリンチンス訓練所へ。のち在リオ日本大使館商務官助手をつとめた。四二年帰日。日伯中央協会事務長、サンパウロ四百年祭日本側委員を経て、五五年再渡伯、東京銀行サンパウロ支店(のちブラジル東京銀行)再開店の露払い的役割を果たした。開店後勤務四十二年間。ブラジル日本文化協会(上原幸啓会長)草創期から活動に関与、評議員。
 ひょうひょうとして、穏やかな人柄。日本進出企業とコロニアの橋渡しとして、貢献が大きかった。山本喜誉司・文協初代会長と家族同様の付き合いがあり、秋山さんの遺体は山本氏の孫が引き取り、カンピーナスにある山本家の墓に埋葬した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 没後55年、甦った博士論文=山本喜誉司のウガンダ蜂研究=サンパウロ州生物学研究所に複写贈呈2018年5月25日 没後55年、甦った博士論文=山本喜誉司のウガンダ蜂研究=サンパウロ州生物学研究所に複写贈呈  東山農場(三菱系)の初代場長だった山本喜誉司氏(文協初代会長、1892―1963年、東京都)は終戦直後、コーヒー樹の害虫駆除の研究をして論文(日本語)に書き、母校・東京大学から農学博士号を取得していた。その論文の複製が、没後55年の歳月を経てようやく当地に戻ってきた。 […]
  • マクロビ普及に生涯賭ける=菊池富美雄さん、州議会で表彰=「万病は口から、食べ物は薬」2016年9月13日 マクロビ普及に生涯賭ける=菊池富美雄さん、州議会で表彰=「万病は口から、食べ物は薬」  マクロビ普及に生涯賭ける菊池富美雄さん(90、栃木県)が90歳になった顕彰と、妻信子さんとのダイアモンド婚を記念して、カルロス・ジアナジサンパウロ州議の発議で、15日午後7時から州議会ジョゼ・ボニファシオ講堂で顕彰式典が行われることになった。  栃木県で1925年1 […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(7)=戦前からの意外な繋がり2016年8月18日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(7)=戦前からの意外な繋がり  調べてみると、確かにパジーリャは戦前からスポーツ局の仕事をしていた。ヴァルガス独裁政権からサンパウロ州執政官(1938~41年)に任命されたアデマール・バーロスからの信任が厚く、パジーリャはサンパウロ市アグア・ブランカ区のベイビ・バリオニ体育複合施設、イビラプエラ体育複合施設 […]
  • ■訃報■沖眞一さん2016年5月24日 ■訃報■沖眞一さん  ブラジル東京農大会会長の沖眞一さんが22日午後1時ごろ、サンパウロ市内の自宅で亡くなった。去年12月に大腸癌手術を受け、自宅療養を続けていた。享年76。 広島出身。東京農業大学の農業拓殖学科3期生で、1961年8月に呼び寄せによって単身渡伯し、サンパウロ州アチバイアの矢野農場 […]
  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]