ホーム | 日系社会ニュース | 10月選挙=環境改善に尽力=PVから野村氏出馬

10月選挙=環境改善に尽力=PVから野村氏出馬

7月27日(火)

  緑の党(PV)から野村アウレリオ候補(49)がサンパウロ市議選に出馬する。あいさつに来社した野村候補は「環境問題を主な政治ポリシーにしている。緑の党のペネー党首から誘われての立候補となった」と語り、「PSDBに所属した時から環境問題に取り組んで来ました。環境改善に力を入れます」と訴えた。
 三度目の当選を狙う。今選挙で理解を求める環境対策案について、具体的には「我々は水を無制限に使っていますが、トイレのバルブを改善すれば大変節約ができる。環境破壊による湖水の水位減少も生じており、その大切さを皆さんに知ってほしい」と語った。
 また、再選した際には、「水源、ペットボトルや紙のリサイクル促進や、青少年の教育問題、学校給食の改善、リベルダーデ地区の観光地再生にも取り組みたい」と抱負を述べた。
 選挙事務所はRua Pajeu,261-Vila Mariana.電話275・7838/5572・8173.Email.nomuraaurelio@ig.com.br。

image_print

こちらの記事もどうぞ