ホーム | 日系社会ニュース | CIATEクルソ「公的援助機関」

CIATEクルソ「公的援助機関」

8月4日(水)

  CIATE(日本就労援護情報センター)は、六日午後二時~午後四時半、本部(文協ビル内)で日本就労希望者向け無料クルソ「日本の公的援助機関の活用について」を行う。問い合わせは11・3208・0275。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル航空運賃》荷物料徴収を、直前に差し止め=反発を強める航空各社2017年3月15日 《ブラジル航空運賃》荷物料徴収を、直前に差し止め=反発を強める航空各社  【既報関連】ブラジル民間航空監督庁(Anac)は、航空各社が乗客からの機内預け荷物分の料金を別途徴収することを昨年12月に認めていた。  航空各社の言い分は、「機内預けの荷物がない、または少ない乗客は追加料金を払わなくて良いため、基本料金を下げることで、むしろ乗客は安く […]
  • パラグァイで公債増加傾向=バレート元蔵相が注意促す=アスンシィオン在住 坂本邦雄2017年2月3日 パラグァイで公債増加傾向=バレート元蔵相が注意促す=アスンシィオン在住 坂本邦雄  第53代目のニカノル・ドゥアルテ・フルトス大統領(2003/2005)時代の元大蔵大臣セサル・バレート経済学士は、現政権下で可なり加速している公債の増額傾向は危険だと警鐘を鳴らした。 […]
  • コラム オーリャ!2009年7月17日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年7月17日付け  グァタパラ入植祭の初日。大風で会館前に揚げていた鯉のぼりが飛んでいってしまった。 […]
  • サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収2019年8月24日 サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収  22日、サンパウロ市セントロのクラコランジアで麻薬密売の摘発が行われ、17人が逮捕され、21キロ相当の麻薬が押収された。23日付現地紙が報じている。  「レデンソン」と名付けられた摘発は、市警と軍警、市警備隊(GCM)の合同作戦で、計560人が動員された。  2015年以 […]
  • 【特集】商議所・業種別部会長シンポ 2008年2008年9月4日 【特集】商議所・業種別部会長シンポ 2008年 ニッケイ新聞 2008年9月4日付け 順調に伸びる国内市場=全般に「好調」の業界多く=米国発不況の影響小さい=レアル高で苦境の分野も  ブラジル日本商工会議所恒例の業種別部会長シンポジウムが8月7日に、「08年上半期の回顧と下半期の展望」をテーマにサンパウロ市内ホテルで […]