ホーム | 日系社会ニュース | 老ク連ふれあいGB大会=28日に360人参加の予定

老ク連ふれあいGB大会=28日に360人参加の予定

8月6日(金)

  ブラジル日系老人クラブ連合会(重岡康人会長)は、第十九回ゲートボールふれあい大会(山本茂実行委員長)を二十八日午前八時三十分より、ヴィラ・グアラニー区のゲートボール連合スタジアムで開催する。
 大会には八十歳以上の寿組、七十才以上の亀組と五十五歳以上の鶴組の六十チーム、三百六十人の選手参加を予定している。
 案内に来社した重岡会長は「アチバイア、モジやカンピーナスなどからも参加して、選手同士の友情を温め合います」と説明した。
 同行した山本実行委員長は「毎年この時期は、空が晴れわたって気持ちのよい大会が続いています。参加者のみなさんは、練習の成果を発揮しようと練習に励んでいます」と語った。
 また内海博副会長は「家にこもっていないで見に来てください」と呼びかけた。問い合わせは同事務局=11・279・5935。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪ブラジル≫ケイロス容疑者、再び刑務所収監に=自宅軟禁を高等裁が却下2020年8月15日 ≪ブラジル≫ケイロス容疑者、再び刑務所収監に=自宅軟禁を高等裁が却下  高等裁判所は13日、自宅軟禁処分となっていたファブリシオ・ケイロス容疑者に対し、刑務所での刑執行に戻るよう命令を下した。14日付現地紙が報じている。  ケイロス氏は、大統領長男のフラヴィオ上議がリオ州議の時代、幽霊職員の給与をキックバックさせていた「ラシャジーニャ疑 […]
  • ≪ブラジル連邦政府≫コロナ死者増を地方政府のせいに=報告書で州知事や市長名を強調=大統領はグローボTVに当てこすり2020年8月12日 ≪ブラジル連邦政府≫コロナ死者増を地方政府のせいに=報告書で州知事や市長名を強調=大統領はグローボTVに当てこすり  連邦政府が、新型コロナウイルスに関する報告書で、感染者や死者増の責任を知事や市長になすりつけるような表現をして連邦議員などに配布していた事実が明らかになり、批判の声が上がっている。10日付現地紙が報じている。  これは連邦政府が10日に発表した報告書で明らかになった […]
  • 《ブラジル》大統領長男が一部支払い認める=職員給与から公費流用疑惑2020年8月6日 《ブラジル》大統領長男が一部支払い認める=職員給与から公費流用疑惑  ラシャジーニャ疑惑で自宅軟禁中の元職員ファブリシオ・ケイロス容疑者に、フラヴィオ・ボウソナロ上議が保健費や娘の学費などを支払わせていた事実を認めた。同上議はラシャジーニャ疑惑への関与をなおも否定している。5日付現地紙が報じている。  これはグローボ紙に掲載された同上 […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • 東西南北2020年7月24日 東西南北  23日付アゴラ紙によると、新型コロナウイルスの影響はサンパウロ市のレストランの勢力地図にも影響を与えているという。それまで圧倒的に強かった、商業地区でのレストランの売上が激減しているという。たとえば西部の富裕地区でレストラン街としても知られるイタイン・ビビでは85%も売上が落 […]