ホーム | 日系社会ニュース | 姫路・クリチーバ姉妹20周年=提携強化確認=石見市長ら訪問団

姫路・クリチーバ姉妹20周年=提携強化確認=石見市長ら訪問団

8月14日(土)

 姫路市とクリチーバ市が姉妹都市提携二十周年を迎えた。去る七月二十七日、姫路市から石見利勝市長夫妻、西村智夫市議会議長夫妻らが来伯、クリチーバを訪問、日系団体と交流、市役所を表敬訪問して、さらに提携を強めることを確認した。
 来伯したのは、石見市長、西村議長のほか、米田徳夫姫路国際交流センター会長はじめ、市民訪問団の二十四人。二日間、クリチーバに滞在した。
 初日、日系文化援護協会主催による歓迎会が催され、席上、石見市長が「日本、ブラジル両国は〃兄弟国〃のように思える。両国の協力と努力によって、さらなる発展があるように」とあいさつ。上野アントニオ日伯商工会議所会頭が乾杯の音頭をとった。
 アトラクションは、和太鼓演奏と盆踊りだった。
 二日目、姫路の一行は、市役所を訪ねた。石見市長と谷口カシオ市長が、両市の教育、文化、経済の促進協定に署名した。市議会を代表して、原ルイ市議が石見市長に「クリチーバ名誉市民章」を贈った。また、市民団体の代表は「クリチーバ市は、交換留学生を快く受け入れてくれている。感謝します」と述べ、谷口市長に記念の「兜」(かぶと)を手渡した。
 姫路市は、一九八〇年、兵庫県(パラナ州と姉妹州・県協定)知事から、パラナ州内の都市との姉妹都市関係樹立の勧奨を受け、市の代表が兵庫県南米親善使節団に参加、八四年になってクリチーバ市との姉妹都市提携がなった。今年、二十周年である。
 同市は、国内では松本市、鳥取市と、海外とはクリチーバはじめ六都市・一城と提携を行い、交流活動をすすめているという。活動の主なものは、友好使節団、青少年の相互派遣。このほか文化、教育、経済など多面的な交流がある。(パラナ新聞)
 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》2018年6月13日 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》 「県の駐在員を置くこと」  県人会を「母県の出先機関」と位置付けることを提案しておられるコロニアの方もおられる。このアイデアは、コストもそれほどかからず現実的で実現可能である。  なぜなら、①ブラジルには県などの補助金を得て県人会館を設置している県が30県以上あ […]
  • 移民110周年=眞子さま、麻生副総理臨席も=パラナ連合会、総会で発表=西森下議「若者のための祭典」2018年1月31日 移民110周年=眞子さま、麻生副総理臨席も=パラナ連合会、総会で発表=西森下議「若者のための祭典」  パラナ日伯文化連合会(上口寛会長)は『2018年度定期総会』を28日、ロンドリーナ市の同会会館で開催し、連盟傘下53支部から約90人が駆けつけ、節目の年の門出を祝した。7月19、20、21日にマリンガー市で開催される『移民110周年エキスポ』の概要について、西森ルイス […]
  • 大阪サンパウロ市姉妹都市が優勝者を派遣=「交流の懸け橋」に意欲2017年9月6日 大阪サンパウロ市姉妹都市が優勝者を派遣=「交流の懸け橋」に意欲  大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が今年2月に主催した「ポルトガル語スピーチコンテスト」で、優勝した山口朱生(あき)さん(21、兵庫)が4日来社した。  同協会は、同コンテストの優勝者を毎年ブラジルに派遣しており、山口さんは、1日から12日までサンパウロ市 […]
  • 西森下議、池田総領事と使節団参加者の皆さん2015年4月21日 パラナ=第42回使節団訪日中=総領事公邸で送り出し会  西森ルイス下議が団長を務める第42回パラナ日伯友好経済使節団が日本に向けて出発するのに際し、3月30日、在クリチーバ総領事公邸で送り出しの昼食会が開かれた。使節団の参加者、関係者ら約30人が出席した。 池田敏雄総領事は、「日本とブラジル、兵庫県とパラナ州の外交、経済、文化 […]
  • 樹海2015年3月21日 樹海  今月、パラナ州クリチーバ政庁であったキックオフイベントは盛況だった。外交120周年、パラナ州兵庫県姉妹州県提携45周年、パラナ州日本人入植100周年―日伯官民四つ巴となって祝う三重の喜びのスタートだけに、梅田大使も「日本が外国と行う交流の中でもっとも強固な関係」と強調し、 […]