ホーム | 日系社会ニュース | お国言葉で祝おう!22日=宮崎県人会55周年式典

お国言葉で祝おう!22日=宮崎県人会55周年式典

8月14日(土)

  ブラジル宮崎県人会(吉加江正健ネウソン会長)は県人会創立五十五周年記念式典を、二十二日午前十時より地下鉄アナ・ローザ近くの北海道交流センターで、県庁祝賀使節団を迎えて行う。
 式典には県知事代理として江藤隆県出納長や米良政美県議会議長など、県庁から七人、宮崎市議会より三人、県町村会より九人、農協役員十六人や一般訪問者など総勢七十人の祝賀使節団が訪伯する。
 式典では八十歳以上の高齢者表彰を行う。鏡割り、ブフェ形式の昼食の後、カラオケや婦人会の踊りがある。今回は日本からの祝賀使節団に喜んでもらおうと、サンバーショーを予定している。
 今回の式典実行委員会(黒木慧会長)の桑畑良平総務は「式典資金カンパに北パラナ、ピエダーデ、イビウーナ、モジやサンパウロ州奥地を巡回して協力をいただきました。ベレンやポルト・アレグレなどからも参加する人もいます。宮崎県のいろいろな市町村からも来るので、久しぶりにお国言葉で地元の近況が聞けますので、参加してください」と呼びかけている。宮崎県人会の電話011・3208・4689。北海道協会の住所はRau Sao Joaquim Tavora,605-Vila Mariana-Sao Paulo-SP。

image_print

こちらの記事もどうぞ