ホーム | 連載 | 2004年 | 唄でつづるカンゲイコ=柔道 | 唄でつづるカンゲイコ=柔道(6)=巨漢がホームシック=ポッソス=頭痛い道場環境〃不全〃

唄でつづるカンゲイコ=柔道(6)=巨漢がホームシック=ポッソス=頭痛い道場環境〃不全〃

8月17日(火)

 七月十八日(日)、サンパウロ勢三十五人、ミナス勢三十五人は、雨の降る中を、夜七時、道場に集合した。自己紹介、ミーティングのあと、ミナス選手は道場に、サンパウロ選手は市の宿泊所に分宿し、翌十九日から、午前は八時半より十一時半、午後は四時から七時半までの練習が始まった。
 今回は男子のみ、十五歳以上、という規則なので、なかなか壮観であり、かつ、しぼり甲斐がある(少々殺風景ではあるが)。そう思って大いに追いかけまわしていると、三日目ごろから百八十六センチ、百二十五キロもある大きなのが「ママイのところに帰りたい」などと、半泣きで言い出すのである。
 そこで「なー、カイオ、カンゲイコは三日目が一番つらい時なのだ。きょう我慢できれば、あとは楽なんだ」と励ましてやる。カイオは絶望的にうなずいている。すると、何人もそういうのが現れる。「みんな、そういう時には、この唄を唄うんだ。元気が出るぞ」。唄うのは「♪つらい修業と弱音を吐くな、月が笑うぞ三四郎」である。
   ×   ×
 今まで、ポッソス・デ・カルダスで暑中稽古はしたけれども、寒稽古は初めてである。なぜかというと、当地の寒さは半端(はんぱ)でないからである。今回の寒稽古中も明け方の気温は二度~三度であった。そこで、市がくれるせんべい布団にくるまって寝るのは、なかなか楽ではない。
 朝、道場を走っていると、「足がしびれるよ」と生徒たちが文句を言う。「カンゲイコやっているんだ。そんなことは当たり前だろー」と言いながら、実は、こちらもしびれて仕方なかった。それでも、三十分もすると、大汗をかいて、みんなニコニコしているのである。
    ×   ×
 今回のカンゲイコは、市の全面的な協力を得ることができたため、生徒が支払う参加費用は十レアルだけだった。それでも払わない者がたくさんいた。
 市の協力は、たいへんありがたく、文句を言うことはないのであるが、市職員の働き方には、参ってしまった。とにかく、時間は守らないし、その言い訳は天才的に上手い。
 選手を迎えに行くオニブスが故障したというのは、毎度のことであり、直しておくように言っておいたシュベイロを修理にきたのは最終日である。食事の質と量も、選手にはかわいそうな〃程度〃なので、近くの肉屋から骨をもらってきて、豚骨スープをつくったり、レイチやバナナなどを補給して栄養を補ったりした。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 5氏に秋の叙勲の栄誉=在聖総領事館の叙勲伝達式=「天皇陛下のお言葉に感激」2018年12月11日 5氏に秋の叙勲の栄誉=在聖総領事館の叙勲伝達式=「天皇陛下のお言葉に感激」  平成30年度「秋の叙勲」伝達祝賀式が6日午後、在聖総領事公邸で行われた。今回ブラジルからは17氏が表彰され、在聖総領事館管内からは旭日双光章に元山光男氏(89)、貞方賢彦氏(76)、西尾義弘ロベルト氏(75)、旭日単光章に石井千秋氏(77)、西尾義弘ロベルト氏(75) […]
  • 秋の叙勲=全伯から大挙17氏受章=多分野で表彰、近年最多か=邦人7人と外国人10人2018年11月6日 秋の叙勲=全伯から大挙17氏受章=多分野で表彰、近年最多か=邦人7人と外国人10人  ブラジル日本移民110周年である今年、日本政府は今月3日付で『平成30年秋の叙勲』として、ブラジルからは近年では最多と見られる邦人7人、外国人10人の計17人の受章者を発表した。(以下、敬称略) 【邦人叙勲】 ◎高橋實(94)=旭日双光章=ブラジリア日伯文化協 […]
  • セアーザ今昔物語=ほとんど全員日本人だった=(1)=ブラジル人も日本語で交渉2018年10月19日 セアーザ今昔物語=ほとんど全員日本人だった=(1)=ブラジル人も日本語で交渉  1966年にサンパウロ市ビラ・レオポルヂーナ区に開場したセアーザ(通称「CEASA」、正式にはCEAGESP=サンパウロ州食糧配給センター)は、サンパウロ市民の胃袋支える連邦政府傘下の市場だ。食糧配給企業として南米1位の規模を誇る。そんな超巨大公営市場だが、開場当初は […]
  • 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん2018年9月1日 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん  平成30(2018)年度の外務大臣表彰では、日本側でもブラジル関係者2人が受賞している。表彰式は7月24日に東京の飯倉公館で行なわれ、河野太郎外務大臣より表彰状と副賞の正絹風呂敷が贈られた。  タカラベルモント株式会社の会長兼社長の吉川秀隆さんの受賞理由は、「日本と […]
  • JH「道―徳の極みへ」展=6武道紹介、東京五輪視野に2018年8月28日 JH「道―徳の極みへ」展=6武道紹介、東京五輪視野に  2020年の東京五輪・パラリンピックを視野に、ジャパン・ハウス(JH、カルロス・アウグスト・ホザ館長代行)は、日本発祥のスポーツを紹介する企画展『道―徳の極みへ』展を21日から来月16日まで、同館地上階で開催する。ブラジル味の素(株)の協賛。入場無料。  本展では、 […]