ホーム | 日系社会ニュース | 松柏大志万=四季祭り=新校舎の備品に

松柏大志万=四季祭り=新校舎の備品に

8月20日(金)

  松柏大志万アソシエーション(本田タケシ会長)は二十二日午前十時より、第五回四季祭り(坂口律子同実行委員長)をアクリマソン区のカラムルー・ボーイスカウト本部(ジョゼ・パトロシニオ550番)で行う。
 この祭りの収益金は新校舎建設資金獲得と備品購入に充てられる。松柏学園と大志万学院の生徒達、卒業生や父兄が協力して、屋台、ビンゴや楽しいゲームを用意。また、お好み焼き、手巻きすし、うどん、てんぷら、ぎょうざやヤキソバなどいろいろ準備している。
 アトラクションとしてストリート・ダンスチームや生徒達によるYOSAKOIソーランなどの踊りがある。
 案内に来社した坂口委員長は「新校舎完成後、恵まれない家庭の子弟教育として、校舎開放など、文化や教育などで社会還元を検討中です。生徒達が一所懸命準備していますので、ぜひ来てください」と述べた。
 また同行した宮村修光父兄会々長は「十一月には、新校舎が完成しますが、備品用の資金に充てたいので、皆さん誘い合わせて来てください」と呼びかけている。入場無料。問い合わせ電話11・289・8146/3271・1755。

image_print

こちらの記事もどうぞ