ホーム | 日系社会ニュース | 援協 友好病院の看板問題=「パビリオン」挿入決定

援協 友好病院の看板問題=「パビリオン」挿入決定

8月21日(土)

  【既報関連】日伯友好病院の神内病棟・総合医療検査センターに掛かっている看板について、運営主体のサンパウロ日伯援護協会(和井武一会長)は十九日定例役員会を開き、オスピタル・ニッポ─ブラジレイロとR・ジンナイとの間にパビリオンを加えることを正式に決議した。レイアウトなど詳細については、今後関係者で調整していく方針だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ