ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 岩手県人会の、母県の人たちに向けた賛助会員募集は、どうやら成功の軌道に乗ったようである▼先月、『岩手日報』(県内で最大の新聞)が、ブラジルの県人会が賛助会員を募集している、と囲い記事で報道してくれた。これは、強力な〃援護射撃〃であると同時に、募集を真剣に受け止めていることを意味する▼賛助会員獲得の実績をいえば、去る七月末現在で三十六人。『岩手日報』に募集のことを紹介して下さい、と話を持ち込んだのは、外ならぬ第十三号賛助会員であった。すでに働いてくれているのだ▼『岩手日報』は、どういう人が賛助会員の対象であるか、つぎのように紹介した。「移住者の留守家族」「ブラジルで研修活動をしたい学生」「ブラジルへ年金移住したい世代の人たち」。賛助会員になれば、県人会の支援事業に参加する、ブラジル訪問に際しては情報サービス・アドバイスが受けられる、県人会ニュースなど刊行物を入手できる―としている▼最初、母県の人たちを対象に賛助会員を募るという発表を聞いたとき、うまく行くんだろうか、と危ぶんだ。しかし、杞憂だった。応募した人たちは、県人会からさまざまサービスを受けよう、というよりも、手伝ってあげようとする気持が強いのだと思われる▼県人会記念式典などに訪伯、参加して、ブラジルに「岩手県」が在ることを実感したのである。郷里を同じにするパトリシオを見つけたのだ。ブラジル岩手県人会の前途はぐんと明るくなった。(神)

04/08/27

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]