ホーム | 日系社会ニュース | 丹後田さんグランプリ=2度目、全伯歌謡コンクールで

丹後田さんグランプリ=2度目、全伯歌謡コンクールで

9月1日(水)

 第五十二回全伯歌謡唱歌コンクール(山尾俊雄実行委員長)が、二十二日、愛知県人会館で行われ、青年A組一位の丹後田リリアンさんが一昨年に続いて二度目の優勝に輝いた。主催は日伯音楽協会(北川彰久会長)。後援が日本アマチュア歌謡連盟(櫛田紘一本部長)、日本テレビ放送網(氏家斎一郎会長)、今年もNTV・日本テレビ杯を贈ってきた。
 リリアンさんは「愛は花君はその種」を歌った。透き通るような美声とすばらしい歌唱に聴衆は聞き惚れた。優勝が決まり「念願がかない最高です」と語った。全伯選抜歌謡大会グランプリ獲得と、二冠となった。来年の第二十一回日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会にブラジル代表として出場する。
 伴奏は、ザ・フレンズ(山尾俊雄会長)、セントラル(有森正会長)、NAK(岡崎ワルテル代表)の三楽団。審査員は、総合審査委員長に羽田宗義、A組審査委員長に上村恵美香、B組審査委員長に田場盛孝、歌詞審査委員長志田若代の各氏、審査員十八氏が厳正な審査を行った。主な入賞者つぎのとおり。
 唱歌1村上ナターリア、唱歌2毛塚小百合、チビッコ田辺由香理、高年D貝塚ミルトン、高年C古川巌、高年B伊藤雅巳、高年A高橋由美、壮年C江島憲昭、壮年B高野照美、壮年A喜納千恵子、青年B佐々木サンドラ、青年A丹後田リリアン、少年棚原邦弘、グランプリ丹後田リリアン。

image_print

こちらの記事もどうぞ