ホーム | 日系社会ニュース | 「両親の幸福への道」=生長の家青年会全国大会

「両親の幸福への道」=生長の家青年会全国大会

9月7日(火)

 生長の家ブラジル伝道本部(岩坂吉彦理事長)は十二日午前八時四十五分から、サンパウロ市マノエル・ダ・ノブレガ街1361番のイビラプエーラ体育館で「第四十九回生長の家ブラジル青年会全国大会」を開く。入場は一人十五レアル。
 「私達の両親の幸福への道とは」がテーマ。各種講話が七つあるほか、聖歌の斉唱などを予定。午後四時までみっちりと、真理を学ぶ。門脇和男圓環編集部部長、エディウソン・デ・ソウザ・メンデスさん(ブラジル・セントロ・ノルテ担当)らが二日午前来社し、「たくさんの人の参加を期待しています」などと話していた。問い合わせ電話番号=11・5014・2222。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系キ教連盟=新理事長に初の二世就任=「世代交代の時代来た」=日本への義捐金も募る2011年7月9日 日系キ教連盟=新理事長に初の二世就任=「世代交代の時代来た」=日本への義捐金も募る ニッケイ新聞 2011年7月9日付け […]
  • 東西南北2020年5月23日 東西南北  サンパウロ州議会は25日(月)を州の繰り上げ休日にするか否かの投票を22日未明に行い、47対5の圧倒的多数で休日にすることが決まった。この「フェリアダン」と呼ばれる繰り上げ連休は、サンパウロ市が既に、「コルプス・クリスチ」を20日、「黒人の日」を21日に前倒しして行った連休に […]
  • 《サンパウロ州》コロナ対策で最悪レベル2カ所増加=サンパウロ大都市圏は黄レベル保つ2021年2月20日 《サンパウロ州》コロナ対策で最悪レベル2カ所増加=サンパウロ大都市圏は黄レベル保つ  サンパウロ州政府は19日、コロナ対策による外出自粛基準「プラノSP」の最新版を発表し、バレットスとプレジデンテ・プルデンテの2地区が最低の赤レベルに降格した。サンパウロ大都市圏は下から3番目の黄レベルを保った。19日付現地サイトが報じている。  この日の発表では、バレットス […]
  • ヒタ・リーが自伝を発表=南米を代表するロック・クイーン2016年11月8日 ヒタ・リーが自伝を発表=南米を代表するロック・クイーン  ブラジルのみならず、南米でも最大のロックの女王として知られるヒタ・リー(68)が自伝「ヒタ・リー~ウマ・アウトビオグラフィア」を発表し、話題を呼んでいる。  ヒタ・リーはカエターノ・ヴェローゾらとの「トロピカリズモ運動」で60年代後半に登場してきた実験的なサイケデリック・ロ […]
  • サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に2019年8月29日 サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に  リカルド・サレス環境相(44)が27日夜、ブラジリアの病院に緊急入院した。28日付現地サイトが報じている。  サレス環境相は27日の午後11時過ぎ、ブラジリアの軍病院に入院した。「気分が悪くなった」とのことで、特に目立って大きな症状があるわけではなかったというが、入院させる […]