ホーム | 日系社会ニュース | 晃麗邦楽会が5都市で公演=サンパウロ市は9日

晃麗邦楽会が5都市で公演=サンパウロ市は9日

9月7日(火)

  尺八や箏などの演奏を行う晃麗邦楽会の公演が五日から十六日まで、ブラジル各地である。すでに五日にマリンガ市で終え、きょう七日にはサン・ジョゼ・ドス・カンポス市、九日サンパウロ市、十一日ベレン市、そして十五日クリチーバ市の順で回る。ブラジルでの公演は三年ぶり二回目。十一人が来伯する。
 同会の平塚芳朗代表は一九五五年から作曲活動を始めコンサート、テレビ、ラジオ、レコーディングなどで活躍。アメリカ、アジア各国、カナダ、メキシコ、オーストラリアといった様々な国で公演してきた。
 九日のサンパウロ公演は、午後七時半から愛知県人会館。入場無料だが保存できる食料一キロを持ち寄ること。食料はブタンタン区のファヴェーラにある施設に寄付される。問い合わせは電話11・3241・2682、11・3104・8392(愛知県人会)。
 サン・ジョゼ・ドス・カンポスはテアトロUnivapで午後三時と七時の二回公演。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2009年3月13日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2009年3月13日付け 土曜日  サンパウロ蘭協会「第八十回蘭展」、十四日午前九時、文協ビル(サンジョアキン街381)、十五日まで     □ […]
  • 2008年1月1日 新年特集=私の町の鳥居自慢=あるわ、あるわ十基以上=全伯の鳥居を一挙紹介 ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  あるわ、あるわ。ブラジルどころかパラグアイにも鳥居はあった。サンパウロ市リベルダーデのガルボン・ブエノ街のそれは日本のシンボルとして、たくさんの日系団体や企業や商店のマークに使われている。そこで編集部では、読者に呼びかけて全伯の鳥居 […]
  • 20世紀-コロニアの20人2000年1月1日 20世紀-コロニアの20人  日本人の海外発展史にあって、二十世紀はブラジル移住の世紀でもあった。移民前史からのほぼ百年をかけて二十五万人余が移住。扶植された子孫は百四十万人におよび、海外最大の日系集団地を築き上げた。この間、コロニアは各分野に多くのパイオニア、指導者を得て、裾野の広い活動を営んでくる […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]