ホーム | 日系社会ニュース | 全伯川柳、出席47人=席題1位は北西さん

全伯川柳、出席47人=席題1位は北西さん

9月23日(木)

 [ロンドリーナ]第五十一回全伯川柳大会が、十一日午前九時から、当市西本願寺会館で行われた。全伯各地から四十七人が出席した。投句者は百二十五人。主催ぶらじる川柳社、後援は各支部吟社、親和川柳吟社、女流句会、柳和句会が実行した。
 特定選者は、瀬古義信、森山天拝、井上天晴、黒田不知火、柿嶋さだ子、塩飽博柳、上口一歩、梶田紀代、蒔田浜っ子、那須アリセ、猿橋輝人、土井静枝の各氏。
 成績つぎのとおり(五位まで)。
 ◇特定選
一位 移民史をたどれば光る愛の詩   花井 牡丹
二位 百年を語りつきせぬ移民墓地   小林 嘉子
三位 汚れみな拭いて誇りを持つ布巾  高田 早波
四位 金賞の菊にも陰の支え竹     瀬尾 天村
五位 履き違う自由に躾の字が消され  荒井 花生
 ◇一般選
一位 小幅でも己の足で歩く幸     柿嶋さだ子
二位 雑草の強さで移民耐えて生き   刈屋真智子
三位 野良着身につけると父は光り出す 重松太多夫
四位 悠久の大地に移民の汗を積む   刈屋 善治
五位 耐え抜いた移民に確かな基礎が出来 国兼立子
 ◇席題
一位 中心の土台となった父の汗    北西かつ子
二位 粗衣粗食汗で鍛えた心意気    猿橋 輝人
三位 親心百になっても子を思う    上川 好秋
四位 純真なおさな子の目に嘘がない 那須アリセ
五位 財なくも心豊かな日に感謝    武富 房代
 それぞれの一位には在クリチーバ総領事杯が贈られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ