ホーム | 日系社会ニュース | 池坊パラナ支部17周年=マリンガで記念花展

池坊パラナ支部17周年=マリンガで記念花展

9月25日(土)

 [ロンドリーナ]華道家元池坊南米パラナ支部(川崎幽月支部長)創立十七周年、支部発足四十周年を記念した花展が、去る八月二十七日から三日間、マリンガ文体協会館で開催された。
 テーマは、「花は安らぎ、自然への感謝の心を」。マリンガ、アサイ、ウムアラマ、ロンドリーナ・アセル、ローランジア、アプカラーナ、バラナバイ、クリチーバの各支所が参加、日ごろの稽古の成果を披露した。
 テープカットは、川崎支部長、山本しず子門弟代表、嶋田巧後援会会長、矢野清マリンガ文体協会長、植田憲司アリアンサ副会長ら。
 〇三年度の免状授与式が行われ、四十二人に渡された。授賞式、功労者表彰もあった。最年長の佐々木信子さん(82)と、最年少原田パウラさん(12)が特別表彰された。二十八日、二十九日は一般公開され、日系、非日系問わず、鑑賞する人は美しさに魅了され、賑わった。

image_print

こちらの記事もどうぞ