ホーム | 日系社会ニュース | 琉球民謡の喜怒哀楽メロディー歌合戦で

琉球民謡の喜怒哀楽メロディー歌合戦で

10月22日(金)

 琉球民謡保存会(山城マサヒロ会長)は第十四回琉球民謡紅白歌合戦を二十四日午後二時から、リベルダーデ区トマス・デ・リマ街72のブラジル沖縄県人会大サロンで開催する。
 全国から選らばれた二十二組の男女が参加。毎年沖縄で行われるRBC主催の新春民謡紅白歌合戦に特別出演する代表者を男女一名ずつ選出する。
 案内に来社した安富祖元大会委員長は「各支部から予選を勝ち抜いて来た歌手でレベルが高い。男女四十四人が歌う琉球民謡を聞く機会はめったにない」と来場を呼びかけている。
 同行した崎間達男副委員長は「沖縄の言葉がわからなくても喜怒哀楽を表現したメロディーを楽しむのもいいもの。ぜひ家族揃って」と誘った。

image_print

こちらの記事もどうぞ