ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 伯企業の対外投資増加=ブラジルリスク回避求め

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》新教育相が学歴詐称で辞任=相次ぐ否定、指名から5日=政権1年半で3人が交代2020年7月2日 《ブラジル》新教育相が学歴詐称で辞任=相次ぐ否定、指名から5日=政権1年半で3人が交代  6月25日にボルソナロ大統領から次期教育相の指名を受けたばかりのカルロス・アルベルト・デコテッリ氏が、相次ぐ経歴詐称の発覚により、6月30日に辞表を提出。指名からわずか5日間、正式な就任式をする前だった。これで教育相選びが振り出しに戻った。1日付現地紙が報じている。 […]
  • 東西南北2020年7月1日 東西南北  昨日付本欄でも報じた新教育相に指名されたカルロス・アルベルト・デコテッリ氏の学歴詐称疑惑に続報があった。まずはアルゼンチンのロザリオ大学とドイツのブッペルタール大学からの反論を受け、デコテッリ氏が履歴書から博士号の記載を外していた。その矢先に、国内のジェツリオ・ヴァルガス財団 […]
  • 《ブラジル》アルゼンチンの混乱でブラジルの通貨も値下がり=ほぼ1年ぶりのドル高水準2019年9月4日 《ブラジル》アルゼンチンの混乱でブラジルの通貨も値下がり=ほぼ1年ぶりのドル高水準  アルゼンチンの経済危機や、激化する米中間の貿易戦争の影響で、週明け2日の為替市場は、昨年9月13日以降、最高のドル高となる1ドル=4・184レアルで取引を終えたと、3日付ブラジル各紙が報じた。  今年最もドル安だったのは、1ドル=3・73レアルを記録した7月18日で、それか […]
  • ブラジルの経済情勢指数が上昇=不況で消費冷え込みも指摘2017年5月12日 ブラジルの経済情勢指数が上昇=不況で消費冷え込みも指摘  ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)が11日にサンパウロ市で、ラテン・アメリカ経済に関する調査データを発表した。それによると、ブラジルの経済情勢指数は今年の1月から4月の間に17ポイント上昇して79ポイントとなり、ラテン・アメリカ諸国の平均値の78ポイントを上回ったと11 […]
  • セスタ・バジカが急騰=下がる消費者購買力=内外要因で食料品価格上昇2007年9月6日 セスタ・バジカが急騰=下がる消費者購買力=内外要因で食料品価格上昇 ニッケイ新聞 2007年9月6日付け  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙五日】「供給ショック」による乳製品、食肉、小麦といった食料品価格の高騰により、低所得者層を中心に消費者の購買力が低下しつつある。 […]