ホーム | 日系社会ニュース | 旧神戸移住センターを調査=神戸市、土地など評価

旧神戸移住センターを調査=神戸市、土地など評価

11月11日(木)

 【既報】神戸市の(財)日伯協会のボレチン『ブラジル』(九月~十月)が、神戸市が旧神戸移住センターの土地、建物の調査を行ったことを伝えた。
 協会は――センターは、現在、国際交流の拠点の一つとして活動中だが、センターが歴史的に価値があり、文化的建築物として保存、このことが神戸市が目指す観光資源としてつながる方向を模索したい。土地、建物が神戸市の所有だが、県と市が一体となって進むべき方向を見出さないと、ものにならない。神戸市のメンツをつぶさず、県と共同歩調をとれないものか、と行政の立場が気になる、としている。
 神戸市の調査結果はおおよそつぎのとおり。本館の裏側に別館がある。敷地が不正形で、高度差が大きいので、敷地面積の割りに土地の有効利用が難しい。評価としては、北側土地の分割分譲の可能性は低い。
 本館を改修するとして、エレベーター、空調設備、耐震診断、補強、消防関係費、安全関係費などで、四億七千二百万円の見通し。課題としては、用途規制上に適合しないので、特定行政庁の許可、周辺住民の理解を得なければならない。
 既報のように、神戸市当局の幹部を迎え、五日、日系四団体(文協、援協、県連、兵庫県人会)は、保存への善処を神戸市長に要望した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]