ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

  年末・年始の休暇を利用して、ブラジルに里帰りするデカセギもいたことと思う。ある日本人男性(六十代)は約二十年間、日伯間を毎年のように往復しているそう。
 二十歳前後の子供を二人抱えており、教育費などを稼ぐのが日本で就労する大きな目的ようだ。本人は「デカセギの走りです」と言う。
 妻子は、大黒柱が一年の大部分不在であることに心配の種は尽きない。国際線の搭乗口に消えていく姿を見るのが耐えられないから、見送りはいつもコンゴニャス空港まで。男性はバスでグアルーリョスに向かう。
 父親は日本滞在中、毎週末に必ず電話をかけてくるのが習慣だ。近くに住む親戚らが、一家を気にかけている。
 犯罪や家庭崩壊などデカセギと言えば、負のイメージが思い浮かぶ。温かい家庭もあることも知って少しホットした。 (古)

05/1/6

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 10月からデカセギ入国再開可?=ユーチューバーらが先走り=管政権発表で期待過熱気味=総領事館「具体的情報なし」2020年9月29日 10月からデカセギ入国再開可?=ユーチューバーらが先走り=管政権発表で期待過熱気味=総領事館「具体的情報なし」  菅新政権は23日から、全世界からの入国を条件付で可能にする緩和を始めることで調整に入ったとの報道が日本で流れた。それを受けて先週から日系ブラジル人ユーチューバーや関連ポルトガル語サイトが誇張した〝解説〟を流し始めている。いつからデカセギは実際に訪日再開できるのか。在サ […]
  • 援協=「老人週間」ユーチューブで=心と体の健康維持の秘訣2020年9月25日 援協=「老人週間」ユーチューブで=心と体の健康維持の秘訣  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)は25日午前10時から11時にかけて、「老人週間イベント」を援協ユーチューブ上で公開する。動画は公開後いつでも無料で視聴可能だ。動画にはポルトガル語字幕がつく。  1時間ほどの動画には「心と体の健康維持」についてあけぼのホー […]
  • JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは2020年9月23日 JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは  最終日にクリーク・アンド・リバー社の松永雄さんが、日本文化として世界で広く普及される「アニメ」を中心にポップカルチャーを紹介。日本だけでなく海外人気も高い「ワンピース」「ナルト」「鬼滅の刃」などでも作品中でリーダーシップについてわかりやすく描かれているそう。スライドに […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(2)2020年9月10日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(2)  戦後に関しては、二世が台頭する1970年代以降にポルトガル語の日系メディアが勃興し、1980年代に全盛を迎える。  皮肉なことにそのメディアによって喚起された日本へのあこがれをいだいてデカセギブームにのって訪日した「ジャポネース(日系人)」たちは、日本で「ブラジル人 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史=(1)2020年9月9日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史=(1) ■はじめに■  この一文は、ブラジル日本移民百周年記念協会の事業として、日本語版百年史編纂委員会(森幸一委員長)から2010年12月に刊行された第3巻『文化編(1)』のために書いた「日系メディア史」を、加筆修正したものだ。  グローバル化する世界が意味することは、か […]