ホーム | コラム | オーリャ! | 【コロナ禍緊急日誌】「給付金10万円をブラジルで役立てて」との有り難い申し出

【コロナ禍緊急日誌】「給付金10万円をブラジルで役立てて」との有り難い申し出

 福岡市に住んでいるニッケイ新聞の協力者から「日本政府から10万円給付金をもらったのですが、私自身は困っていない。ニッケイ新聞は日系社会で重要な役割を担っているので、ぜひ役に立てて」と寄付の申し出があった。
 実際、ニッケイ新聞の経営もコロナショックで大打撃を受けている。印刷版が一時停止している間も、サイトでは記事は更新し、PDF版の刊行も続けて無料公開してきた。
 だが印刷版を再開するまで購読料の徴収はすべて停止しており、今でも広告収入はほぼゼロになっている。外出自粛がこのまま続くと、毎年6月に出している「日本移民の日特集号」の刊行も難しそうな雲行きだ。
 「新聞社」と名乗っているとはいえ、ただの、吹けば飛ぶような日本語コミュニティペーパーだ。やせ我慢をしながら「福祉団体に寄付を」などと呼びかけることは多いが、「新聞社にも寄付を」と言うのは、どこか言い辛い。そんな中での寄付の申し出は、実は涙がでるほどありがたい。
                 ☆
 ようやく、先週から印刷版が復活した。印刷版が一時休止していた1カ月あまりの間、PDF版とWeb版(サイト記事)を完全無料公開してきた。だが、先週から印刷版が再開した関係で、今週からサイトの有料記事を復活させた。無料にしたり有料にしたりと、バタバタしているが、読者の皆さんのご理解を心からお願いしたい。なお、今ならPDF版の無料閲覧ができるので、お試しとしてニッケイ新聞無料メルマガへの登録をお願いしたい。 (深)

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」2020年5月23日 □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」     ◎  最近、日本の家族、友人から「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」というメールを連日受け取っている。感染者が世界第3位、死者は連日1千人超というニュースが日本語でも飛び交っているおかげだ。幸いなことに、編集部からは入院者も死者も出ていない。一昨年末にサンパウロ新聞 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]
  • 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」2020年5月29日 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」  16年間、毎年4ヵ月前後もブラジル、パラグアイの日系集団地などを回ってコンサートを開催し、日本の歌を届けてきた歌手・中平マリコさん。今年はコロナウイルスのために南米訪問が不可能になった。17年ぶりに過ごす日本の夏、母と過ごす時間、日系社会への想いを綴ってくれた。(編集部) […]
  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]