ホーム | 日系社会ニュース | 若い開教使4人 =浄土宗南米開教区に

若い開教使4人 =浄土宗南米開教区に

1月7日(金)

 浄土宗南米開教区に、日本から新しく四人の開教使が派遣され、布教活動などを行なっている。南米浄土宗別院日伯寺の大江田晃義さん(24、宮城)と佐藤順晋さん(23、三重)、マリンガ日伯寺の松野瑞光さん(25、長崎)、イビウーナ日伯寺の桑原弘樹さん(23、山口)だ。
 四人は、すでに日本の大学を卒業して住職の資格を持っており、ブラジルでは日ポ両語による布教、事務、和順会の運営などに当たっている。
 開教使の任期は三年だが、佐藤さんだけは永住。ブラジルの大学で福祉士の資格を取得して、和順ホームを支える。
 日本語だけの説教では若い世代に伝わりにくいと感じている大江田さんは、「日ポ両語で仏教を伝えられるようになりたい」と話し、和順会理事でもある松野さんは、「住職と力を合わせて盛り上げていきたい」と抱負を語った。また、桑原さんは、ポ語での説教・布教と心に染み渡るような読経を目標に「日々精進したい」と話した。
 浄土宗南米開教総監の佐々木陽明さんは、「日本のお寺は歴史が長く、原点がわかりにくい。ブラジルの何も無いところから始まったお寺で、自分の力でやっていく、ということを経験してもらいたい」と、若い仏教家たちに期待を寄せている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年2月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月5日  サンパウロ市での水不足が騒がれているが、サンパウロ州内ではすでに給水制限を検討しはじめている市もある。サンカルロスやデスカウヴァードなどでは、今にも給水制限実施が現実味を帯びているといい、ソロカバやアララクアラでは給水制限実施は否定している […]
  • ミズカワ・アマンダ・ミユキさん(15、三世)2014年7月18日 ■ひとマチ点描■モデル界の〃親善大使〃  アマンダさんは県連日本祭りの日系美女23人が参加した「ミスニッケイコンテスト」で1位に輝いた。母がイタリアやスペイン系の血を引き、父が日系、プレジデンテ・プルデンチ出身の三世だ。すでにモデルとして活動しており、今回マリリア代表として立候補し、見事優勝した。 コンテストの審 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • ジカウイルスの影響広がる=ギラン・バレー症候群も?2015年11月27日 ジカウイルスの影響広がる=ギラン・バレー症候群も?  ペルナンブコ州のオズワルド・クルス研究院支部が、ジカウイルスがギラン・バレー症候群の患者急増に関係している可能性を指摘したと26日付伯字紙が報じた。 ギラン・バレー症候群は運動神経や知覚神経を侵す急性・多発性の根神経炎の一つで、通常の発生率は10万人に1人。呼吸器系の筋肉が侵 […]
  • 当日寄せられたお祝いの声=髙階管長巡錫から始まるブラジルでの布教=年々拡充する別院の施設2019年12月10日 当日寄せられたお祝いの声=髙階管長巡錫から始まるブラジルでの布教=年々拡充する別院の施設 祝辞=曹洞宗管長 大本山總持寺貫主 江川辰三  両大本山南米別院佛心寺創立並びに南アメリカ国際布教総監部開設60周年記念行事が本日茲に盛大に挙行されますこと、心よりお慶び申し上げます。  この記念行事を円成に導くべく、殊に力を尽くされた采川道昭南アメリカ […]