ホーム | 日系社会ニュース | 昨年の日本語能力試験に=誤植が見つかった=食い違う〝要望〝〝見解〝=実施現場「予め報告して欲しかった」=基金側「万全の態勢で臨んだ」

昨年の日本語能力試験に=誤植が見つかった=食い違う〝要望〝〝見解〝=実施現場「予め報告して欲しかった」=基金側「万全の態勢で臨んだ」

1月8日(土)

 〇四年十二月五日に実施された日本語能力試験(国際交流基金主催)で、当日試験問題に誤植が見つかった。最大の受験者数を抱えたサンパウロ会場では実施団体のブラジル日本語センター(谷広海理事長)がその場の判断で処理。夏時間を採用していないベレーンには事前に伝えることが出来、混乱を避けられた。結果的には、不適切な問題だとして採点せず、合否の判定に影響しないことになった。試験後、日本語センターは同基金サンパウロ日本語センターに、予め誤植が分かっているのなら報告してほしいという要望を出した。これに対して、同センターは「当日は緊急連絡先を設置、万全の態勢で臨んでおり、問題は無かった」としている。

 誤植があったのは、二級で文字・語彙問題の一つ。選択肢が「1・2・3・4」となるところが、「1・2・2・4」となっていた。規定によると、試験の内容について質問があった場合、試験官はコメントしてはならないことになっている。
 受験者から指摘を受けたクラスだけ、その場の判断で処理した。サンパウロ会場は誤植が分かった直後、ほかの五都市の会場と連絡を取り合った。対応は(1)マニュアル通り質問に答えなかった(2)常識に従って「2」を「3」に訂正した(3)気が付かなかった──に分かれた。
 当日サンパウロ会場に、基金関係者は姿を見せなかった。日本語センターは、自身で処理することが出来る範囲と判断、連絡をとって基金関係者の指示を仰がなかった。
 ただ、試験後、誤植があった事実と対応方法を報告。これに合わせて、予め分かっていることは、試験前に通知してほしい旨の文書を添えた。というのは、日本との時差の関係で、ブラジルでは試験開始時間に、誤植が見つかっていたはずだからだ。
 基金サンパウロ日本語センターの説明によると、日本側から誤植の件について、事後指示がFAXで入ったのは、日本時間の六日十二時十七分。ブラジルでは五日の深夜に当たり、既に試験は終わっていた。
 (1)ブラジル日本語センターが実施責任者であること(2)日本とブラジルに緊急連絡先が用意されていることなどから、対応上の問題は全く無かった、というのが基金サンパウロ日本語センターの見解だ。
 能力試験は日本への留学・研修の採用判断基準や日系企業団体の職員への応募条件にもなり、日本語教育界では重要視されているもの。遠隔地はともかく、事務所のあるサンパウロでは、会場に足を運ぶべきというモラルの問題は残りそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で2020年9月23日 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で  エネルギー環境研究所(Iema)が22日、パンデミックのせいでバス運行本数が減ったため、サンパウロ市の二酸化炭素排出量が52%も減ったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  国際ノーカーデーにちなんで発表されたのは、4月の平日の大気汚染の状態を、パンデミック前の2月の平日 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]
  • JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは2020年9月23日 JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは  最終日にクリーク・アンド・リバー社の松永雄さんが、日本文化として世界で広く普及される「アニメ」を中心にポップカルチャーを紹介。日本だけでなく海外人気も高い「ワンピース」「ナルト」「鬼滅の刃」などでも作品中でリーダーシップについてわかりやすく描かれているそう。スライドに […]
  • ■社告■トランスフォーリャ社が契約解消=PDF版への乗り換えを推奨2020年9月23日 ■社告■トランスフォーリャ社が契約解消=PDF版への乗り換えを推奨  大サンパウロ都市圏以外の地域の本紙配達を委任してきたトランスフォーリャ社が、10月1日から契約を解消すると通告してきた。大サンパウロ都市圏の多くは、本紙のモトケイロが直接に配達しているので変更なし。  ただし、トランスフォーリャ社が担当してきた地域は、来週後半から郵便に切り […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]