ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■様変わりするコンデ街

■ひとマチ点描■様変わりするコンデ街

1月11日(火)

 戦前移民のふるさと、サンパウロ市コンデ街にそびえ立つ〃コンデのお城〃が、近代ビルに囲まれつつある。
 この邸宅は、19世紀にルイス・デ・ロレーナ・ロドリゲス・フェレイラ伯爵(コンデ)が愛するマリエ・ロウイーゼのために建設させた。窓が各所に散らばる、当時としてはモダンな建築だった。
 〃お城〃が史跡なので取り壊し出来ず、大幅な改修工事をして、将来はパウリスタ大通りのカーザ・ダス・ローザス(バラ屋敷)同様、文化施設として一般に公開されるようだ。
 そこをよけて、22階建てのL字型ビルが建設中。来年末にオープン予定で、当初は司法関係事務所などが入所するが、いずれ商業ビルにする意向だ。
 右手奥の14階建てビルは、02年に州裁判所の判事事務所用に引渡しされたもの。共に所有者はカルロス・シャーガス財団。
 すぐ隣の沖縄県人会では、「杭を打ち込む時はうるさくて堪らなかったが、治安が良くなる」と期待している。どこぞのビルは、セアザ近くへ移転しようとしているが、セントロの再開発は着々と進んでいる。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]