ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 以前、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、ある対談の中で「歌舞伎は(江戸時代)当時の現代劇だった」、「初代(市川)團十郎は、今でいうと渋谷あたりの兄ちゃんなんです」などと話しているのを読んで、「へぇー」と思った。
 ふる~い伝統芸能とばかり考えていた歌舞伎だが、当時の大衆にとっては、かなり革新的なものだったのだ。異教とされた十字架を身につけて踊った歌舞伎の元祖、出雲阿国もそうだが、常軌を逸していながらも、時代の流れを上手く捉えた振る舞いが人々の心を惹きつけてきたのだろう。
 歌舞伎と同じ流れから生まれた日本舞踊は、ここブラジルでも盛んに演じられている。ただし、現代劇ではない。〃時代劇〃としてだ。人々をアッと言わせるような移民劇など演じてみるのはどうだろう?「踊り初めの会」を観てふと思った。 (国)

05/1/14

image_print

こちらの記事もどうぞ