ホーム | 日系社会ニュース | 「日本語たくさん話したい」=リーダーら意欲的

「日本語たくさん話したい」=リーダーら意欲的

1月20日(木)

 【既報関連】日本語を学ぶ子どもたちが三泊四日を共に過ごす、第六回「日本語ふれあいセミナー(全伯少年少女交流合宿)」が、十八日から北海道交流センターでスタートした。初めてパラグァイとボリヴィアからも参加。百十九人の子どもたちは、十人または九人ずつ十二グループに分かれて行動し、協調性、自主性、責任感を養う。各グループのリーダーに意気込みを聞いた。
 「友達を作りたい」、「日本語をたくさん話したい」などの声が最も多い。佃あゆみさん(15、イグアスー日本語学校)は「自分の語学力がどれくらいか試したい」と力強く話す。何度も参加している子たちは、これまでに親しくなった友達との再会が楽しみな様子。参加四度目の伊藤しょういちさん(17、ひまわり学園)は、セミナー終了後も誕生日パーティなどを通してメンバーとの交流を続けている。
 ダニエル・チビリサさん(16、カンピーナス文協日語校)は「話すのはできるが、聞くのが苦手なので、勉強したい。日本についてもっと知りたい」と意欲的。期間中、子どもたちは、餅つきや墨絵などの日本文化を体験、日系企業(ヤクルト工場)見学、日本語を使った社会勉強も行なう。土屋あきなタイースさん(16、ひまわり学園)は、初めて体験するおもち作りに興味津々だ。
 他国の子と交流できるのも今回の魅力の一つ。パラグァイから初参加の森貝あきかずさん(16、イグアスー日本語学校)は「サンパウロをいろいろ知りたい。メトロに乗るのも楽しみ。同じ日系人がどんな生活をしているのかについて知りたい」という。三浦えりかさん(15、エルカルナシオン日本語学校)は「三ヵ国の日系の子どもたちが、一つの言葉を通じて交流し、勉強し、遊ぶのはとても楽しみ」と期待を寄せている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(13)=唯一パラグアイからの凄い参加者2019年10月26日 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(13)=唯一パラグアイからの凄い参加者  上塚芳郎(よしお)さんに、いつから祖父・司の移民事業に関心を持ったのかと聞くと、「本人の死後だ」という。「祖父が生きていた時は大学生で、あまり関心がなくて。山根一眞さんというジャーナリストがブラジルを知りたいと家に来て、それで自分も興味を持ったんですよね」。  97 […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 東西南北2019年8月13日 東西南北  サンパウロ州政府が、現在工事が滞っている地下鉄6号線に関して、現在のコンソーシオに代わる企業を求めている。この線は北部ブラジランジアから中央部にある1号線サンジョアキン駅までを結ぶもので、2016年から工事がはじめられていたが、参加企業がオデブレヒトやケイロス・ガルヴォンなど […]
  • パラグアイ=CV首領をブラジルへ強制送還=刑務所内で殺人犯し、追放2018年11月22日 パラグアイ=CV首領をブラジルへ強制送還=刑務所内で殺人犯し、追放  昨年12月にパラグアイで逮捕された麻薬や武器の密売者、マルセロ・フェルナンド・ピニェイロ・ヴェイガ(通称マルセロ・ピロット、43、以下、Mピロット)が19日の朝、パラナ州フォス・ド・イグアスでブラジル連邦警察に引き渡され、同日午後、同州カタンドゥーヴァスの連邦刑務所に […]
  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]