ホーム | 日系社会ニュース | ヤクルト工場を見る=ふれあいセミナーの生徒たち

ヤクルト工場を見る=ふれあいセミナーの生徒たち

1月21日(金)

 日系企業の活躍を子供たちに肌で感じてもらいたい──。現在開催中の第六回日本語ふれあいセミナー(谷広海理事長)が十九日、ロレーナ市のヤクルト工場を見学。参加した十二歳~十六歳の生徒百二十人は、製造工程をみるなどした。
 同工場は、規模(十三万坪)と容器製造の生産能力の二つで、海外支店中トップ。二万四千リットルの培養タンクなどが並んでいる光景を目の前に、生徒らは感嘆の声を挙げていた。
 ブラジル社会に貢献している日系企業を知ってもらおうと、第三回目から企画しているもの。これまで東山、トヨタ、パナソニックを回った。ヤクルトは同セミナーの協賛企業の一つで同社製品を無料で提供しており、子供たちにとって馴染みの深い企業でもある。
 同工場がオープンしたのは、九九年。主力の「ヤクルト」を始め、「ヤクルト40」やジュースを生産している。この日、ヤクルトは百五十万本を目標にラインが動いていた。脱脂乳と脱脂粉乳を半々程度に混合させて原料をつくるのが、ブラジルの特徴だそうだ。
 「商品の名前は前々から知っていたけど、実際に飲んだのは初めてなんです」と感激するパラグアイの生徒も見られた。
 日下野良武日本語センター副理事長は「参加している子供たちも、もう少しで就職を考える年齢になります。その時、日系企業の名前が頭に浮かんでくれれば幸いです」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 《ブラジル》パンタナル=森林火災拡大で動物の墓場に=ジャガー生息地の州立公園65%焼失2020年9月16日 《ブラジル》パンタナル=森林火災拡大で動物の墓場に=ジャガー生息地の州立公園65%焼失  世界でも最大級の熱帯性湿地のパンタナルでの森林火災が一向に収まる気配を見せず、動物達の墓場と化していると13~15日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル中西部のマット・グロッソ州からマット・グロッソ・ド・スル州にかけて広がり、ボリビアとパラグアイの一部にもまた […]
  • パラグアイ=極左テロ集団が元副大統領誘拐=仲間の解放と貧民に食料要求2020年9月16日 パラグアイ=極左テロ集団が元副大統領誘拐=仲間の解放と貧民に食料要求  パラグアイで先週から、元副大統領が誘拐され、国を震撼させている。14日付伯字紙が報じている。  誘拐されたのは、2012年6月から13年8月にフェデリコ・フランコ大統領の副大統領を務めたオスカル・デニス氏(74)だ。同氏は9日、マット・グロッソ・ド・スル州との国境を有するベ […]
  • 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を2020年9月15日 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を  「そうあってほしい」―8月31日に東京で開催された「日本財団グローバル若手日系人調査」記者発表の映像(https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2020/20200831-48496.html)を閲覧して、そんな感想がわい […]