ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

1月27日(木)

 リオ市のロドリゴ・デ・フレイタ湖とマラペンジ湖に棲息する魚二十トン以上が二十二日に死亡した。州清掃局は二十三日と二十四日、腐って悪臭を放つ魚二十トンを回収した。生物学者のモスカテリ氏は、湖水汚染による水温上昇が死亡原因であると、リオ州検察局と湖水管理局へ汚染企業の調査を要請した。湖水管理局によると、海水の水位低下と湖の水量減少による水温上昇が原因であって、水質汚染は発生していないという。
     ◎
 サンパウロ州バウルー市で二十三日夜に行われたラップバンド、ラシオナイスMCsのコンサートの最中に十九歳の青年が射殺され、もう一人が腕を撃たれケガをした。同バンドのコンサート中に起きた殺人事件はこれで三件目。犯人(21)は二十五日に逮捕された。フェベンで四発撃たれて重体になった仕返しに被害者を射殺したという。
     ◎
 保健省は、デング熱で特に危険な七都市を発表した。この七都市は百軒中三軒以上の割合でデング蚊の発生場所が発見された。五都市はリオ州のリオ、ニテロイ、サンジョアン・デ・ミリチ、ベルフォルジ・ロッショ、サンゴンサロの各市。さらにパラナ州のフォース・デ・イグアス市、セアラー州のカウカイア市がある。三軒以下では全国六十四都市がリストに記載されている。
     ◎
 コンピュータウイルスの開発で他国を抜きん出るブラジルで、今度は携帯電話を攻撃するウイルスが開発された。開発したのはプログラマーのヴェラスコ氏(32、リオ在住)で、アンチウイルスを開発する世界の有名企業から新ウイルスを認知された。開発力を示すために作ったと話す同氏は、ワクチンも開発し、自身のサイトで公開している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラグアイ=CV首領をブラジルへ強制送還=刑務所内で殺人犯し、追放2018年11月22日 パラグアイ=CV首領をブラジルへ強制送還=刑務所内で殺人犯し、追放  昨年12月にパラグアイで逮捕された麻薬や武器の密売者、マルセロ・フェルナンド・ピニェイロ・ヴェイガ(通称マルセロ・ピロット、43、以下、Mピロット)が19日の朝、パラナ州フォス・ド・イグアスでブラジル連邦警察に引き渡され、同日午後、同州カタンドゥーヴァスの連邦刑務所に […]
  • リオ州ポッセ病院=「ここはまるで戦場」=銃弾浴びた患者途絶えず2017年7月19日 リオ州ポッセ病院=「ここはまるで戦場」=銃弾浴びた患者途絶えず  リオ・デ・ジャネイロ州バイシャーダ・フルミネンセのノヴァ・イグアス市は、人口では州内4位で、リオ・デ・ジャネイロ市の北西に位置している。  同市にあるポッセ病院は02年に国から市に移管された総合病院で、近隣自治体で手を焼く病人や救急患者も受け入れているが、今年受け入れた銃弾 […]
  • デング熱=ワクチン売買やっと認可=パラナは早速キャンペーン=SUSでの適用はまだ先2016年7月28日 デング熱=ワクチン売買やっと認可=パラナは早速キャンペーン=SUSでの適用はまだ先  国家衛生監督庁(Anvisa)が25日、デング熱の予防ワクチンDengvaxiaの価格を132・76~138・53レアルと決め、国内でのワクチン売買が可能となった。26日付G1サイトによると、パラナ州は既に、8月に予防キャンペーン実施を決め、50万回分のワクチンを注文したとい […]
  • 東西南北2016年4月5日 東西南北  ジカ熱やデング熱の恐怖は依然続いているが、最近は、多くの死者も出ていることもあってH1N1型のインフルエンザが話題を奪いつつある。死者が55人に上るサンパウロ州でも事態は重く考えられており、4日からは医療関係者対象、来週月曜の11日からは、妊婦や幼児、高齢者、慢性病患者を対象 […]
  • リオ州のシリアルキラー=白人系女性ら43人殺す2014年12月12日 リオ州のシリアルキラー=白人系女性ら43人殺す  リオ州バイシャーダ・フルミネンセで10日、ノヴァ・イグアスーの女性を刺殺したとして逮捕されたサイウソン・ジョゼ・ダス・グラッサス容疑者(26)が、その他にも42人を殺したと自白、同容疑者の同居者で複数の殺人を依頼していた夫婦も逮捕された。 サイウソン容疑者の自白によれば、 […]