ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州検察局の教育部門担当検察官のダニエル・セーラ・アズル・ギマリャンエス氏が、州内の学校再開に関して「10月再開は非常に難しい」との見解を示した。だが、ジョアン・ドリア州知事は10月7日の再開を目指している。それに関し、「州が再開する際に求めている器具や衛生状態を10月までに州内の全校に行き渡らせるのは、現実的に考えて間に合わないだろう」とのこと。同氏は「再開する・しないの二元論の問題ではない」という。こういう議論の場合、再開賛成派は「とにかく生活をもとに戻したい」、反対派は「こわい」と、共に感情論が先走ってしまいがち。こういう「再開に向けて必要なこと」を冷静に現実的に考えることは必要だ。
     ◎
 7日は独立記念日で、ブラジルは連邦の祝日となる。サンパウロ市などでは5月の大型連休(フェリアドン)で今年後半の市や州の休日が前倒しされたこともあり、まぎらわしい。独立記念日は連邦の日なので前倒しにならず、通常通りの祝日となる。以前よりだいぶマシになったとはいえ、街中にはまだ3連休のレジャーを満たすほど行楽が充実していない。家でのんびりするのが一番良いのでは。連休中は暑くなりそうなので、海水浴に行く人もいると見られ、海岸部の市が警戒態勢をしいている。海岸が人で溢れないことを願いたい。
     ◎
 週末のサッカーの全国選手権。今日5日は、コリンチャンスが本拠地イタケロンでボタフォゴと、サントスが敵地でセアラーと、パルメイラスがサンパウロ州ブラガンサ・パウリスタでブラガンチーノと各々戦う。6日は、サンパウロが本拠地モルンビでフルミネンセと対戦。サンパウロは、3日に喫したアトレチコ・ミネイロ戦での0―3の惨敗の鬱憤を晴らしたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]