fbpx
ホーム | 連載 | 2005年 | 牧場主への道=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演 | 牧場主への道②=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演=大農場経営を夢見て=不退転の決意で信頼得る

牧場主への道②=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演=大農場経営を夢見て=不退転の決意で信頼得る

2月1日(火)

 「もう一度パトロンのところに戻って雇用農として働いてはどうか――」
 いざ二度目のじゃがいも栽培、と意気込んでみたが前回の利益は借金返済で消え、植付け費用は残っていなかった。〃辻の悪評〃は消えず、コチアは融資してくれない。資産も当然持たず銀行からの融資も望めない。前回、窮状を救ってくれた独立時のパトロンの支援にも限度がある。八方ふさがりの状態を見て、コチアのポンタ・グロッサ倉庫の田中セルジオ主任(当時)はこうなだめるように言った。
 「男がいったん決意した以上、とことんまでやるべき。はじまったばかりで自立計画を放棄するのは男のやることではない」。辻さんの覚悟を知ると田中主任はブラジル銀行へ融資を求めることを提案した。
 ポルトガル語もよく分からずに、一人で銀行へ行った。店内はロシア人など融資を求める農業者でひしめき、彼らに交じり長蛇の列に並んだ。
 いつになったら担当者と話ができるかさえ分からない中、手弁当を持参し通いつづけたある日、融資担当者から特別に呼び出された。「これだけ忍耐強い人間だったら大丈夫だろう」と、その辛抱強さが評価されたのだ。通い始めてから十日が経っていた。
 しかし、今回の植付けは失敗に終わった。
 借金だけが残り絶望的な状況の中、田中主任は結婚を勧めた。そして「お前の借金なんかコチアの他の奴らが抱えているものと比べたらちっさい」と笑い飛ばし、再び次ぎの植付けに向け銀行に融資を求めるよう助言した。既に田中主任からの信頼を得ていたのだ。 今回はポンタ・グロッサの副主任も同行し、交渉に当たってくれた。
 この年は一・五アルケールで千八百俵を収穫。普通の人の二倍に相当した。借金を返済しても、利益が残った。この成功でコチア内部での悪評は消え、独立して三年目、二十七歳の若さでポンタ・グロッサのジャガイモ生産委員に選出されることになった。
 しかし、いいことばかりではない。特級の優良種五百俵を詐欺師に騙し取られたのだ。「組合一筋でやるのがどれだけ大事かを感じた」
 それでも父親が「遺産の前倒しだ」と言って送ってきてくれたお金で初めて自分の土地十一アルケールを購入。実質的に独立を果したことになった。「それから二年ぐらいは金で苦労したが、それ以後金で苦労したことはない」
 ジャガイモの裏作として始めた小麦栽培でも成功を収めた。六〇年代、ブラジル政府は農業保険制度を適用して小麦の栽培を奨励、輸入代替を進めた。小麦の植付け期が病原体の発生しやすい雨季にあたっていたことに加え、失敗しても政府から保障がでるということが他の農業者の気を緩め、多くは失敗に終わった。
 「金と女は同じで、おっかけちゃいかん。その前にどのようにすればいい技術を身につけられるかを考えるべきだ」
 この頃、既にポンタ・グロッサ周辺ではジャガイモ栽培適地が少なくなっており、ドイツ系農業者が穀類生産に着手し始めているのを見て「これからこの地方はジャガイモではなく穀類の時代になる」と感じた。 七〇年、小麦の利益を穀類の栽培に投資した。
 「やがては大農場の経営をするべきだと思ったわけです。それは日本を出るときからの夢であり、実現するための条件が整いつつありました」
 ポンタ・グロッサ管内に四百ヘクタールの土地を購入。九十年までの約二十年間、大豆中心の生産活動を続けた。
 (つづく、米倉達也記者)

■牧場主への道①=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演=1万5千㌶を所有=コチア〃不良〃青年の格闘

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え2019年2月6日 ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え  ブラジル産大豆から大量の農薬、特に除草剤が検出されているとして、農薬を減らさない限り大豆の輸入量を制限する一時措置をとる可能性があると、ロシア農業省がブラジル農牧供給省に通告してきたと、4日付ブラジル紙が報じた。  通告を発したのはロシア農業省所管機関の獣医学・植物検疫局で […]
  • お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加2019年2月6日 お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加  今井恵美さんが企画した、日本の料理家・秋山加代子さんが指導する親子料理教室「お握らずワークショップ」が先月27日、文協地下のグルメスペースで催された。これは日本の食文化を紹介することを目的としたもので、文協青年部の青木リジアネ・ヨシエ部長、松本ギレルメ・セイゴ副部長ら […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]