ホーム | 連載 | 2005年 | 牧場主への道=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演 | 牧場主への道③=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演=「牛は預金より確実」=牧畜専業で生涯現役宣言

牧場主への道③=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演=「牛は預金より確実」=牧畜専業で生涯現役宣言

2月2日(水)

 「危険を分散させるためには何種類もの作物を植えたほうがいいと言われていますが、現在、牧畜以外には何かしていないのですか」。講演後、参加者の一人が質問した。
 辻光義さん(66)は答えた。「経営者がどうしてそんなにいくつものことをできるでしょうか。私にはできない。一つのことに熱中しても失敗したりします。変えるときは徹底的に研究した後でパッと変えます」
 九〇年のコーロルプランをきっかけに大豆栽培を止め、一気に牧場主へと駆け上がることになる。
 七四年、日系の大手商社がマット・グロッソ・ド・スル州のマラカジュ―市近郊に二万ヘクタールを用意し、穀類生産プロジェクトを開始した。日系の十三農家の一つとして参加し、千ヘクタールの土地を購入した。七五年には千ヘクタールを買いたし、さらに外部にも千ヘクタール増やした。合計三千を越える土地を手にし、大規模な大豆栽培を行った。商社の斡旋する融資をあてにした自己資本の少ない人たちがオイルショック、ハイパーインフレなどで次々と脱落していく中、ジャガイモ栽培で貯めた自己資金で生き残った。
 しかし、脱落していく周りの人たちを目の当たりにし、天候に左右される作物栽培に不安を抱き始めた。行き着いたのが放牧だった。牛は農作物と違い販売のコントロールが可能なことに加え、毎年着実に増えていくからだ。
 七八年から持っていた土地の一部を使って試験的に放牧を開始、牧場経営のノウハウを掴んだところで三年後には、本格的な牧場造成に取り掛かった。八三年パンタナルに二千五百ヘクタールの土地を買い、翌々年、千ヘクタールを継ぎ足した。
 コーロルプランはそれまで優遇されていた農業者に大打撃を与えるものとなった。預金封鎖、物価凍結、農業融資の金利引き上げ、農業所得に対する税率の引き上げ。辻さんも作物栽培で得た収益の大部分を銀行預金していたため大打撃を受けた。
 「繁殖牛は毎年着実に子を産み、頭数は増えていきます。それを利息と考えるなら、銀行預金と比べてはるかに確実な殖産法と言えましょう」。こうして、一切の作物栽培から手を引き牧畜専業に切り替えた。
 その後、「とんとん拍子に一万二千ヘクタール、牛三千頭まできた」。向こうから「お金があるときに払ってくれればいい」と自分の土地を利用するよう呼びかける人もでてきた。
 「正直に働いていれば見る人は見てくれている。私の能力にあまる物件の交渉でも、相手は私を信じてくれる」。いつかの〃不良青年〃は信頼のおける人物になっていた。
 独立当時を振り返り言った。「今日、私が牧場経営できるのも、独立して初期の頃に経済的に苦しい中で、なんとかジャガイモ栽培を続けてきたからだと思います。どんなことがあっても仕事を投げ出してはいけない。続けていなければ、その次はないし、将来はありません」
 辻さんは生涯現役を高らかに宣言して講演を結んだ。「私は今六十七歳ですが、何歳になっても息子に仕事を渡す気はありません。仕事を続けることこそ長生きの秘訣であり、人生最大の楽しみだと考えるからです」
(おわり、米倉達也記者)

■牧場主への道①=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演=1万5千㌶を所有=コチア〃不良〃青年の格闘

■牧場主への道②=マット・グロッソ・ド・スル州=辻光義さん講演=大農場経営を夢見て=不退転の決意で信頼得る

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え2019年2月6日 ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え  ブラジル産大豆から大量の農薬、特に除草剤が検出されているとして、農薬を減らさない限り大豆の輸入量を制限する一時措置をとる可能性があると、ロシア農業省がブラジル農牧供給省に通告してきたと、4日付ブラジル紙が報じた。  通告を発したのはロシア農業省所管機関の獣医学・植物検疫局で […]
  • お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加2019年2月6日 お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加  今井恵美さんが企画した、日本の料理家・秋山加代子さんが指導する親子料理教室「お握らずワークショップ」が先月27日、文協地下のグルメスペースで催された。これは日本の食文化を紹介することを目的としたもので、文協青年部の青木リジアネ・ヨシエ部長、松本ギレルメ・セイゴ副部長ら […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]