ホーム | 連載 | 2005年 | 日語教育にかける思い | 日語教育にかける思い=教師が合同研修会(2)=教師レベルの向上へ=マニュアル作り急務

日語教育にかける思い=教師が合同研修会(2)=教師レベルの向上へ=マニュアル作り急務

2月15日(火)

 日語校が激減した理由としては、教師の成り手がいないことが真っ先に指摘された。
 「文協が学校を経営しても文協は自治組織のため、教師の給料は安い上、何の保証もない」と汎パウリスタ日本語普及会部長の沢木茂さん(75)は教師の待遇の悪さを指摘する。
 JICAシニアボランティアの井上由己子さん(62)は「日語教育の重要性をみんなが理解し、少しずつでも寄付を持ち寄ることが必要。生徒の月謝で給料を払っているようでは駄目」と、日語校関係者の意識改革を訴える。
 しかし、待遇面での問題が解決したとしても、「日本語ができるだけでは教師はできない」(打田麗子さん・53・三世、アウバレス・マッシャード校)という問題が横たわる。
 現在でもそうだが、日本語ができるというだけで教師になった人は多い。しかし、今は外国語としての日本語教育が求められる時代。「昨日まで主婦だったような人が、給料も安いのに、教師を続け、技術を身に付けるのは大変。その気力が持たない」とソロカバナ日本語普及会会長の橿本洋子さん(62)。
 教師が少なくなった結果として、ほとんどの教師が一人で二十人前後の生徒を抱えることになった。確たるマニュアルがない上、授業は複式で行われるため効率の低下はいなめない。それが生徒の減少にも繋がっている。
 ノロエステ日本語普及会会長の末長建郎さん(60)は「先生の実力次第で問題は解決する」と言う。教師の実力が上がれば生徒も増えるからだ。親の日語教育への関心が低いことに加え、授業が非効率で興味の湧かないものだったら、生徒が教室から消えていくのは当然だ。「改善すればすれば高い月謝をとったとしても、保護者にその支払い能力がある限り大丈夫」
 しかし、教師が個人的能力を高めても、それがほかに普及し引き継がれなければあまり意味がない。
 実際、「海外には百年の歴史を持つ日本語教育が存在する。しかし、蓄積されたものが何もない」と指摘する日本の大学教授がいるように、今まではマニュアルと呼べるようなものが形成されてこなかった。加えて、日語教育は現在、過渡期の真っ只中にある。
 ブラジル日本語センターの松酒早苗講師(36・二世)も「複式授業の中でどのように授業を進めるかは研究、マニュアル作りが必要」と指摘している。
 合同研修会で富山県高岡市から派遣されている角谷壮積さんは、八年かけて一通り教えるカリキュラムを提案した。成績表を作ることで各生徒が現在どのようなレベルにあるのかを識別する。角谷さんの次に来る教師にも、各生徒に対し何を教えるべきかが分かる。
 このように、現在、日語教育は日本から派遣されてきたシニアボランティアや若者に負うところが大きい。しかし、教師の多くは依然として一世や、日語能力の高い高齢の二世、三世で、彼らの存在が日語教育を支えているといっても過言ではない。彼らがまだ活躍している今がマニュアル作りの最後のチャンスと言えるのではないだろうか。
 (つづく、米倉達也記者)

■日語教育にかける思い=移民のふるさとはいま(1)=文協との一体感薄れ学校数は大幅に減少

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 全伯太鼓大会=飛翔太鼓、日本行き栄光掴む=「皆で心が一つになれた」=若さと結束で重圧乗り越え2017年8月2日 全伯太鼓大会=飛翔太鼓、日本行き栄光掴む=「皆で心が一つになれた」=若さと結束で重圧乗り越え  ブラジル太鼓協会(渡部一誠会長)主催の「第14回全伯太鼓大会」が7月30日、サンパウロ市の文協大講堂で開催された。全伯から44団体350人が集い、年代別4カテゴリーと個人で競う大太鼓の全5部門に分かれ優勝を争った。「第20回日本太鼓ジュニアコンクール」(18年3月、石 […]
  • 八木書店=400年前の「日葡辞書」刊行=リオで発見、原本を高精細カラーで2020年4月18日 八木書店=400年前の「日葡辞書」刊行=リオで発見、原本を高精細カラーで  古典や古文書の複製出版に取り組む八木書店(東京都千代田区)が3月30日、日本語にポルトガル語で注釈を付した『リオデジャネイロ国立図書館蔵 日葡辞書』=写真=を刊行した。400年前に日本に来た宣教師が、布教や信者の告白を聞くために参照したとされるキリシタン版辞書。ローマ […]
  • 援協巡回診療 ソロ、奥パへ2005年1月27日 援協巡回診療 ソロ、奥パへ 1月27日(木) […]
  • 東西南北2014年5月30日 東西南北  サンパウロ市議会は28日、サンパウロ市内の自動車の乗り入れ規制である「ロジージオ」を廃止することを、正式な投票の開票を行なわないまま「賛成多数」ということで可決した。しかも審議にかけた時間はわずか50秒だった。ナンバープレートの末尾番号をもとに走れない曜日を決めることで、 […]
  • 電気料金の値上げを承認=南大河州で29%強値上げ=各州も軒並み二桁の調整2014年4月18日 電気料金の値上げを承認=南大河州で29%強値上げ=各州も軒並み二桁の調整 ニッケイ新聞 2014年4月18日  【既報関連】この夏の少雨に伴う火力発電所の稼動などにかかる出費を補うため、2015年以降の電気代は8~9%値上がりすると見られていたが、Aneel(国家電力庁)は17日、南大河州の電力配給会社AES‐Sulの一般消費者向け電気料金を、平均2 […]