ホーム | 日系社会ニュース | バス料金値上げ=5日からサンパウロ市で=2レアル

バス料金値上げ=5日からサンパウロ市で=2レアル

3月2日(水)

 サンパウロ市当局は二十六日、サンパウロ市内路線バスとペルア(衆合ワゴン車)の乗車料金を二レアルに値上げすると発表した。実施は五日からとなる。
 値上げについて交通局長は、〇三年一月の最後の調整から二十五ヵ月経過しており、本来ならば昨年中に値上げされるべき筈が、マルタ前市長が選挙への悪影響をおそれて凍結したままになったとして、今回の措置の妥当性を強調した。また、乗車料収入はバス会社の経費の八〇%にしか相当せず、残りは市財政で補填していると付け加えた。
 これに対し市民の反発は強く、一様に「バスは常に超満員で時間は守らない」とし、サービスの向上精神に欠けるのに何故値上げなのだとの声が強い。一方で野党は、赤字補填は市の予算に組み込まれており、市民に負担をかけるのは筋違いだとして非難している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 保護謝金5万レが援協に=ベレンで上半期分授与式2016年3月2日 保護謝金5万レが援協に=ベレンで上半期分授与式  【パラー州ベレン発】在ベレン領事事務所(小林雅彦所長)は2月23日午前、同事務所において平成27年度の移住者保護謝金授与式を行なった。 成塚純副領事、太田勲援護協会事務局長が同席し、アマゾニア日伯援護協会の山本ジルベルト修会長に、上半期分に当たる小切手4万9024・81レアル […]
  • 猛暑に食べたいアイスクリーム=サンパウロで評判のソルヴェテリアは?2014年2月14日 猛暑に食べたいアイスクリーム=サンパウロで評判のソルヴェテリアは? ニッケイ新聞 2014年2月14日 北半球ではバレンタイン・デーということで、とりわけ日本ではチョコレートの季節でもある。だが、その習慣がなく、加えて厳しい暑さを向かえるブラジルではアイスクリームやアイスキャンデーが必需品だ。特に今年の夏は記録破りの猛暑が続いているのでなおさ […]
  • スペイン列車事故ブラジル人2人目の死者2013年8月31日 スペイン列車事故ブラジル人2人目の死者 ニッケイ新聞 2013年8月1日  ブラジル外務省が6月29日、スペイン北西部で6月24日に起きた列車脱線事故でブラジル人犠牲者が1人増えたと発表した。亡くなったのは1965年リオ生まれでスペインとの二重国籍の設計士マルシア・スアレス・ペーナさんで、同国に24年間住み、息子も2 […]
  • 再生林のヴァンタージェン2016年2月18日 再生林のヴァンタージェン  この夏はエルニーニョの勢力が強く、南東伯では例年以上に暑い。エルニーニョは地球温暖化を反映したものだが、地球温暖化といえば思い出すものの一つにアマゾンの森林伐採がある▼ブラジルを中心に広がるアマゾンの密林は、温室効果ガスと呼ばれる二酸化炭素(CO2)を吸収して酸素を排出してく […]
  • 陶芸家の本間秀子さんが寄付した立派な陶器で食べる生徒たち2014年11月15日 ■ひとマチ点描■教育としての「日本食」  「とっても美味しい。これを楽しみに待っています」。日比野亜里紗さん(13、二世)は13日正午、そうほほ笑んだ。サンパウロ市の大志万学院では毎週木曜、2年生から9年生までの生徒が順繰りに学年ごと、母親が作った日本食を食べる「アルモッソ・エスペシャル(特別昼食)」 […]