ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

6月8日(水)

 ペトロブラス傘下のペーパーカンパニーが営業実績も実体もないのに政治的支援を受け、社長を任命、給与を支給していた。その一つがガス運搬のメイオ・ノルテ運送会社。社長は、体操教師のエメルソン・メニン。給料一万三千レアルを支給されている。同社長は、グシケン広報長官所有の団体役員だった。
     ◎
 バネスパ銀行イタイン・パウリスタ支店を襲うことを目的に、強盗四人組が五日夜、同行出納係りを襲った。賊は出納係り夫妻と親族八人を人質にした。賊一人を見張りに残し、賊三人で夫妻を隠し家へ拉致し、銀行の開店時間を待った。隣人が隣家の動きを不審に思って警察へ通報。警察は見張りの携帯電話連絡で隠れ家を突き止め、四人組を逮捕、人質全員を無事解放した。
     ◎
 サンパウロ市東部パレリェイロス区で三日夜、坂を下っていた市バスがコントロールを失って対抗車線にはみ出てトラックに衝突。積荷の木材が車内に飛び込み、家事手伝いの女性(27)の太ももを直撃した。木材にはさまれた女性は消防隊員に救出された後、病院に運ばれたが出血多量で三時間後に死亡。乗客の証言によると、バスの運転手は傍から見てもわかるほどの酩酊状態にあり、猛スピードで運転していたという。
     ◎
 サンパウロ州セラーナ市で五日未明、高校二年生の少年が道路の中央分離帯の植え込みで全身が濡れたまま遺体となって発見された。解剖の結果、少年は溺死で、頭部には外傷も確認。被害者は遺体発見現場近くのプール付別荘で行われたフェスタに参加しており、警察は殺人と事故両方の可能性があるとみて捜査している。
     ◎
 サンパウロ州の自動車道通行料が七月一日、総合物価指数に基づいて約九%値上げされる。同指数は九八年以来一三〇%上昇、料金所は三倍に増加。

image_print

こちらの記事もどうぞ