ホーム | 日系社会ニュース | 煎茶道静風流=「椿の茶会」

煎茶道静風流=「椿の茶会」

6月10日(金)

 煎茶道静風流ブラジル灯楽会(松酒喜美子会長)は十九日午後一時三十分から午後四時まで、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区ドミンゴス・デ・モライス街1581番の大阪なにわ会会館で「椿の茶会」を開く。
 煎茶道は約二百五十年前に、知識人や文人によって始められ、一般の市民に広く親しまれたもの。煎茶、玉露、番茶などの茶を使う。ブラジルで十五年前に、石本光暁氏が持ちこんだ。
 六日午後来社した松酒会長と岡本和子さんは「ここでの知名度は、まだ低い。当日にはぜひ、味わいに来てください」と多くの来場を呼びかけていた。
 問い合わせ電話番号=11・3208・6945(松酒)/5549・1962(岡本)。

image_print

こちらの記事もどうぞ