ホーム | 日系社会ニュース | 岩手県人会=恒例餅祭り

岩手県人会=恒例餅祭り

6月17日(金)

 岩手県人会婦人部(千田マサ部長)の主催で、二十六日午前十一時から同会館で、第十五回餅祭りが開催される。当日は、お雑煮やあんこ餅、胡麻餅、納豆餅、大根餅、きな粉餅など約十種類の餅を用意する。
 例年通り、餅米はイグアッペで栽培している岩手県人の高橋義明さんから約百八十キロ取り寄せる。「今年の餅米は最高にいいよ」と話しているそう。
 千田曠暁会長は、「若い人も年寄りも一緒になって餅祭りを楽しんでほしい」と話した。当日販売する白餅は六レアル(五百グラム)。餅食べ放題は九レアル。問い合わせ電話は11・3207・2383まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ