ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 最近ゆえあって山田風太郎の『人間臨終図鑑』を耽読している。古今東西の人々の死に様を綴った本で、三巻まである。
 ゆえといっても、たいしたものでない。ハゲ・腰痛の進行で老いを自覚し、また、父親となり、人生を多少本気で考えるようになったせいだ。 
 青春のならいで夭折に憧れたこともあった。源義経、中原中也、佐伯祐三は三十歳で絶命した。むかし憧れた詩人も交じるが、いまその齢の私は一年でも長生きしたい。
 十八日の東京演芸協会文協公演に出演した野菜吹奏のはたのぼるさんは、一九二七年の生まれである。楽屋で着替え中のところをお邪魔した。若々しい体形に驚いた。「長生きも芸のうち。末永く、皆さんを楽しませたいですから」
 この言葉に刺激された私は、三日坊主で止めたばかりの水泳を再開するため、帰宅後、押入れの水着を引っ張り出した。        (大)

05/6/21

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オバマ大統領来伯は?=選挙前にとの要請を辞退2010年5月28日 オバマ大統領来伯は?=選挙前にとの要請を辞退 ニッケイ新聞 2010年5月28日付け […]
  • 『ブラジル日系文学』第63号を刊行2019年12月19日 『ブラジル日系文学』第63号を刊行  ブラジル日系文学会(櫻井セリア会長)が発行する『ブラジル日系文学』第63号(発行者=近藤アンドレ、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。同文学会が組織一新して、第2号目となった。  今号では、金沢大学の杉山欣也教授による、ブラジルにおける日本語文学の論文「《日本 […]
  • コラム 樹海2014年4月10日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年4月10日 「ブラジル人女性はミニスカートが好きですよね」と言うと、編集長は「そんな姿は殆ど見かけないな。日本の方が遥かに多いんじゃないの?」と驚いた。当地で街を歩く女性は胸元や背中を大胆に見せても、足はたいていロングパンツで隠している▼女性の立場から言 […]
  • 大耳小耳2014年11月20日 大耳小耳  ブリヂストン・ド・ブラジルのアリエル・デパスカリ前社長によると、欧州における車の普及率は1・1人あたり1台なのに対し、ブラジルではまだ4・4人に1台。これから先10年間で、市場は2倍になると見ている。新技術の開発にも余念がなく、環境への負荷が少ない「ヴェルデ」も2010年 […]
  • ブラジルのマルタが5年=連続で最優秀選手に2011年1月12日 ブラジルのマルタが5年=連続で最優秀選手に ニッケイ新聞 2011年1月12日付け […]