ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 向かうはEUか、米国か?=国家の命運決める難題

こちらの記事もどうぞ

  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃2018年10月2日 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃  「人間同士が理解しあうというのは根本的には不可能である。理解できない相手を、人は互いにバカだと思う」――ベストセラー『バカの壁』(2003年、養老孟司著、新潮社)には、そう書かれている。帯には「『話せば分かる』なんて大ウソ!」、広告には「バカの壁は誰にでもある」という […]
  • 大統領選の行方は、本当に「不透明」か2018年8月28日 大統領選の行方は、本当に「不透明」か  23日のブラジル日本商工会議所の部会長シンポ(7面に詳報)で驚いたのは、口裏を合わせたかのように大半の発表者の口から「大統領選の行方が不透明」という言葉が出てくることだった。つまり極右ボルソナロ、左派のマリナやシロ・ゴメスが当選して極端な経済政策をとって混乱するのでは […]
  • 東西南北2018年6月7日 東西南北  母の日に、サンパウロ州スザノ市の小学校前で、母の日のイベント参加のために集っていた生徒や父兄を守ろうとして強盗を射殺した軍警のカチア・サストレさんのことは、賛否両論を巻き込んで大きな話題を呼んだ。「母親としての見本」と賞賛する一方、「映像で確認しても殺す必要まではなかった」と […]
  • 東西南北2018年2月2日 東西南北  本日付で報じたダッタフォーリャの大統領選世論調査では、ルーラ氏がいまも圧倒的に強いことが明らかになった。加えて不出馬表明をしていたグローボ局の人気テレビ司会者のルシアノ・フッキの支持率も、実は8%と高いことも判明。これを受け、「もしルーラが出馬できないとなるなら、フッキの出馬 […]