ホーム | 日系社会ニュース | 老移民たちと一体=厚生ホーム=渡辺真知子さん慰問公演

老移民たちと一体=厚生ホーム=渡辺真知子さん慰問公演

6月24日(金)

 「真知子さんのお母さんと同じ年齢ということで感激しました」。サントス厚生ホームを代表して三上治子さん(82)から歌手の渡辺真知子さんに花束が贈呈された。九十七年前、日本人移民はサントスに入港した。その地にある同ホームで、二十一日午後三時から、渡辺さんが慰問公演を行った。これは百周年記念イベント第一弾の一環で、二十日の晩餐会で行われた歌謡ショーに引き続いての公演となった。
 「移民が初めて辿り着いた場所で歌えるなんて。尊い経験です。移民の方に敬意を表して歌います」と話す渡辺さん。観客は、ほぼ同ホームに入居している一世移民だ。『浜辺の歌』に始まり、『上を向いて歩こう』、美空ひばりの『りんご追分』を熱唱し、約六十人の観客も一緒に歌うなどして大いに盛り上がった。その他にはスペイン語での『ベサメ・ムーチョ』を披露した。
 伴奏は矢崎愛さん。一週間前に急きょ決まった。「実は真知子さんとは今日の朝、初めて会ったんです」と話す。また、当初予定されていなかった『かもめが翔んだ日』を渡辺さんの希望により歌うことになった。「楽譜がなかったので真知子さんにピアノを弾いてもらって急いで覚えました」という愛さん。しかし、「真知子さんの歌がしっかりしてるから心配はなかった」と話す。渡辺さんも「愛ちゃんを日本に連れて帰りたい」というほどの気に入りぶり。本番でも息の合った様子が窺えた。
 アンコールでは『浜辺の歌』を観客とともに合唱。涙を流しながら聴き入っていたブルーツリーホテル社長の青木智栄子さんは「皆さん何を思い出して歌ってるんでしょうね。ブラジルに来た頃か、日本のことか。わからないけど懐かしいんでしょうね」と声を詰まらせた。
 青木実同ホーム経営委員長は「このような素晴らしい歌を披露してくれて感謝しないといけない。また、援護協会の人々のおかげでいい時間が過ごせました」と感謝の辞を述べた。最後は、菊池義治援協副会長の「万歳!ビーバ!」の掛け声とともに盛大な拍手が贈られた。
 渡辺さんは「こんな経験は初めて。歌っていて私の中にある新しいものが出てきた。言葉にならないです」と感動を露にし、「これからもこのような時間を重ねていきたい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]