ホーム | 日系社会ニュース | 老移民たちと一体=厚生ホーム=渡辺真知子さん慰問公演

老移民たちと一体=厚生ホーム=渡辺真知子さん慰問公演

6月24日(金)

 「真知子さんのお母さんと同じ年齢ということで感激しました」。サントス厚生ホームを代表して三上治子さん(82)から歌手の渡辺真知子さんに花束が贈呈された。九十七年前、日本人移民はサントスに入港した。その地にある同ホームで、二十一日午後三時から、渡辺さんが慰問公演を行った。これは百周年記念イベント第一弾の一環で、二十日の晩餐会で行われた歌謡ショーに引き続いての公演となった。
 「移民が初めて辿り着いた場所で歌えるなんて。尊い経験です。移民の方に敬意を表して歌います」と話す渡辺さん。観客は、ほぼ同ホームに入居している一世移民だ。『浜辺の歌』に始まり、『上を向いて歩こう』、美空ひばりの『りんご追分』を熱唱し、約六十人の観客も一緒に歌うなどして大いに盛り上がった。その他にはスペイン語での『ベサメ・ムーチョ』を披露した。
 伴奏は矢崎愛さん。一週間前に急きょ決まった。「実は真知子さんとは今日の朝、初めて会ったんです」と話す。また、当初予定されていなかった『かもめが翔んだ日』を渡辺さんの希望により歌うことになった。「楽譜がなかったので真知子さんにピアノを弾いてもらって急いで覚えました」という愛さん。しかし、「真知子さんの歌がしっかりしてるから心配はなかった」と話す。渡辺さんも「愛ちゃんを日本に連れて帰りたい」というほどの気に入りぶり。本番でも息の合った様子が窺えた。
 アンコールでは『浜辺の歌』を観客とともに合唱。涙を流しながら聴き入っていたブルーツリーホテル社長の青木智栄子さんは「皆さん何を思い出して歌ってるんでしょうね。ブラジルに来た頃か、日本のことか。わからないけど懐かしいんでしょうね」と声を詰まらせた。
 青木実同ホーム経営委員長は「このような素晴らしい歌を披露してくれて感謝しないといけない。また、援護協会の人々のおかげでいい時間が過ごせました」と感謝の辞を述べた。最後は、菊池義治援協副会長の「万歳!ビーバ!」の掛け声とともに盛大な拍手が贈られた。
 渡辺さんは「こんな経験は初めて。歌っていて私の中にある新しいものが出てきた。言葉にならないです」と感動を露にし、「これからもこのような時間を重ねていきたい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)2020年9月26日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13) ⑤娯楽を求める心理、団体組織化  1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。  翌1923年に […]
  • 援協=「老人週間」ユーチューブで=心と体の健康維持の秘訣2020年9月25日 援協=「老人週間」ユーチューブで=心と体の健康維持の秘訣  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)は25日午前10時から11時にかけて、「老人週間イベント」を援協ユーチューブ上で公開する。動画は公開後いつでも無料で視聴可能だ。動画にはポルトガル語字幕がつく。  1時間ほどの動画には「心と体の健康維持」についてあけぼのホー […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • リオ市=24時間で1月分以上の雨=各地で洪水などの水害発生2020年9月23日 リオ市=24時間で1月分以上の雨=各地で洪水などの水害発生  リオ市やその周辺部では22日未明から強い雨が続いており、リオ市役所の昼過ぎの発表によると、24時間で降った雨は既に9月の平均降水量を超えたという。  同市アウタ・ダ・ボア・ヴィスタでの雨は、午後2時の段階で265ミリを超えた。リオ市オペレーションセンターによると、9 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]