ホーム | 日系社会ニュース | 柳沼啓太郎氏が新総務委員長に=百周年祭典協会

柳沼啓太郎氏が新総務委員長に=百周年祭典協会

6月30日(木)

 ブラジル日本移民百周年祭典協会でこのほど、新しい総務委員長に柳沼啓太郎氏が就任した。二十七日、吉岡黎明プロジェクト委員長と本紙を訪れた柳沼委員長は「皆さんの意見を聞きながら進んでいきたい」と抱負を語った。
 柳沼新委員長は五十年代末から長年にわたりピラチニンガ文化体育協会の会長をつとめてきた。近年では文協の大豆食普及委員会でも活動している。
 同委員会では柳沼新委員長の就任に合わせ、スザノ・福博村の大浦文雄さんが第二副委員長に就任。現在の菊地義治副委員長との二人体制になる。
 またこの日は、サンパウロ市内で祭典協会の呼びかけによる関係五団体の懇談会が開かれた。商工会議所を除く文協、県連、援協、アリアンサの四団体が出席、四月の文協会長選挙以来動きの見えなかった百周年事業について意見を交換した。祭典協会では今後、五団体以外の関係団体を交えた意見交換会を開いていく意向だ。
 前総務委員長の小原彰氏はイベント委員会に異動した。

image_print

こちらの記事もどうぞ